2016年10月30日

【スポーツ紙比較】日本ハムの日本一翌日の紙面、日刊スポーツと報知新聞だけでしたね、まともに評価できたのは…競馬を一面に持ってくるとか、論外でしょう

日本一の翌日のスポーツ紙の
一面というのは、毎年見応えが
ありますが、今年はどうだったか。

ちょっと、検証してみたいと
思います。

正直言って、がっかりしましたね。

一言で言えば。

なにしろ、競馬の一面が多すぎる。

日本シリーズの優勝というのは、
その年のプロ野球の最高峰では
なかったか。

スポーツ紙という媒体は、多かれ
少なかれ、プロ野球でメシを食わ
せてもらっている。

であれば、当然、日本一球団と
なった日本ハムの話題を一面に
持ってくるべきですが、それを
実践したのは、三紙にとどまり
ました。

愕然としましたね、私は。

競馬の一面なんて、論外でしょう。

いくら、天皇賞とはいえ。

栗山監督の胴上げの写真を一面に
持ってきたのは日刊スポーツのみ。

しかし、デカ字は「大谷日本一」。

でも、これでも、上等ですよ、
他紙と比べたら。

私が目を見張ったのは、意外にも
報知新聞でした。

一面は「中田」。

写真は、日本一を決めて、歓喜の
日本ハムナインたち。

報知は、中田の独占手記を載せて
は、2面には広島の中田の実家で
行われた選手たちとの決起集会の
写真まで掲載されていました。

これは、報知のスクープでしたね。

大いに評価していいと思います。

私が購入したもう一紙はサンケイ
スポーツでした。

一面は競馬で、裏一面も大学野球
と、本来なら絶対に買わない紙面
構成でしたが、野村克也さんの
コラムだけはどうしても読みた
かった。

それにしても、プロ野球の日本一
の話題がこれほどまでに矮小化
されて報じられるというのは、
実に寂しいものがあります。

第7戦までもつれれば、翌日が
月曜日でしたから、全紙でプロ
野球の話題が一面になったの
でしょうが。

つくづく思いますが、競馬の
話題を一面に載せるのは、筋
違いだと思いますよ。

そんなに競馬で当てたいなら、
競馬新聞があるじゃないですか。

多少高いとはいえ、当てたい
なら、競馬新聞を買うべき
でしょう、競馬ファンは。

スポーツ紙の本来の役割は、
プロ野球をメインとした、
スポーツの話題を載せること
です。

ここを勘違いして、競馬を
載せたり、芸能の話題を載せ
たり、フラフラしているから、
結果的にだれもスポーツ紙を
読まなくなるんです。

日本一の翌日に、プロ野球を
一面にしないで、スポーツ紙に
何の存在感があるのか。

猛省を促したいですね、各
スポーツ紙には。



*スポーツ紙に関連する、興味深い
一冊、紹介しておきましょう。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

話しベタはスポーツ新聞を読みなさい! [ 三橋泰介 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2016/10/30時点)




posted by あらやまはじめ at 19:22| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村