2016年10月26日

【日本シリーズ・第4戦速報】近藤の落球で、流れは広島に行ったかと思いましたが・・・中田の同点弾に、レアードの決勝弾で、やっと日本ハムは流れを戻しましたね

先程、今年の日本シリーズ第4戦が
終わりました。

結果から言えば、3対1で日本ハムが
勝ちましたが、「薄氷の勝利」だった
と言えるでしょう。

今日の両チームの先発は、日本ハムが
高梨、広島が岡田と、「新人対決」と
なりました。

この両ピッチャー、私はほとんどと
言っていいくらいに初めてじっくりと
見たわけですが、予想以上に良かった
ですよ。

高梨のストレートは予想以上に手元で
伸びており、岡田は三振を取れる決め
球のチェンジアップとスライダーが
めちゃくちゃ良かった。

どうりで、ゼロ行進が続いたわけです。

3回裏までね。

均衡が破れたのは4回表でした。

1アウト1、2塁からエルドレッドが
平凡なセンターフライを打ち上げ
ました。

ところが、日本ハムのライトの近藤が
何を勘違いしたのか、果敢にセンター
の前まで来ては、イージーフライを
まさかの落球。

外野の広島ファンの声援があまりに
大きすぎて、声の連係プレーができ
なかったのか。

あまりに痛すぎる落球で、日本ハムは
先制点を許しました。

これで、流れは広島に行くのかと思い
ましたが、高梨は新人らしからぬ冷静な
ピッチングで、その後も追加点を許し
ませんでした。

見事でしたよ、高梨は。

一方、日本ハムは6回裏、四番の中田が
岡田の外のスライダーをレフトに豪快に
運びました。

岡田にとっては、悔やみきれない一球
だったでしょう。

あのコースは、中田は手が届きます
からね。

これで同点。

そして、両チームともピッチャーが
交替した8回裏、日本ハムは1塁に
四球の中田を置いて、レアードが
広島のジャクソンから、これも先の
中田のホームランの時と同じような
外のボールをセンタ―に運んで、決勝
2ランを放ち、決着をつけました。

・・・いや、実際は、9回表、日本ハムは
宮西が2アウト満塁で、カウント3-2
まで行き、雲行きは怪しかった。

ですが、最後、丸を三振に切って取り、
ようやく日本ハムは勝ちを収めたと
いうわけです。

・・・監督は疲れるだろうなあ、こういう
試合が毎日のように続くんですからねえ。

ですが、日本ハム、これで2勝2敗の
タイに戻し、流れを戻した感があり
ましたよ、今日は。

なにより、大谷が打てなかったにも
関わらず、勝てたというのは大きい。

「大谷頼り」では、いずれ馬脚を現す
と思っていましたが、中田は昨日から、
そして、レアードにも今日から当たりが
戻ってきたというのは、実に大きい。

これで互角と言っていいでしょう。

というか、本来の日本シリーズらしく
なってきました。

少なくとも、札幌ドームで明日、日本
シリーズが終了という事態はなくなり
ました。

明日の第5戦、広島はジョンソンを
持ってくるんですかね?

一方の日本ハムは加藤が予想されて
いますが・・・。

日本ハムは明日負けても、第6戦で
大谷、第7戦は増田で必勝態勢に入る
はずです。

第7戦、展開次第では、大谷を抑えで
起用することもあり得るでしょう。

面白くなってきました。

明日も、当ブログでは【速報】を出し
ます。

コチラも、どうぞ、お楽しみに!



*レアードのグッズ、紹介しておき
ましょう。






posted by あらやまはじめ at 23:33| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道日本ハムファイターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村