2016年10月25日

【日本シリーズ・第3戦速報】大谷のサヨナラ打で、日本ハムが初勝利!・・・改めて、すごい男ですよ、大谷という男は、年俸20億の価値はある!

先程、日本シリーズ第3戦が終わり
ました。

大谷のサヨナラ打で、日本ハムが
初勝利を収めました。

この試合、延長戦となり、振り返れば
長くなりますが、いくつかポイントが
ありました。

広島が1点リードで迎えた8回裏、大谷が
歩かされ、中田勝負となった場面。

画面にも映っていましたが、中田、
下を向いて、苦虫を噛み潰している
ように見えました。

さすがにねえ、ここまで相手に「バカに
される」ような屈辱を受けたら、中田も
これまでの野球人生で一番気合が入った
はずです。

結果、レフトに取られそうになるも、
タイムリーを放ち、日本ハム、逆転。

あれも、「中田の気合」がレフトに
ボールを取らせなかったと解釈したい。

それくらい、凄まじい場面でしたよ。

ところが、9回表、日本ハムの谷元は、
先頭打者にスリーベースを打たれます。

この辺が、まだ、日本ハム、ペースを
つかみきれてないというかね。

なんとか2アウトにまでこぎつけました
が、安部に初球をライト前に弾かれ、
同点に。

第1〜2戦の流れは、まだ広島に続いて
いました。

その流れを断ち切ったのが、延長に
入った10回裏、四球で塁に出ては、
盗塁を決めた西川であり、サヨナラ打
を放った大谷でした。

広島のピッチャーは大瀬良でしたが、
9回から登板して、非常にいいピッチング
をしていたと私には見えました。

西川が盗塁した時点で1塁が空きました
から、私は大瀬良は大谷を歩かせるの
ではないかと思いましたが、2ストライク
を取っており、中田にも先程打たれて
いましたから、あえて勝負したのでしょう。

大瀬良のインコース低めのボール球を、
大谷は、よくぞ、腕を折りたたんで、
ライト前に持っていきましたよ。

また、ランナーが足の速い西川だった
ことも功を奏しました。

これが、鈍足の選手であれば、帰って
これなかった。

日本ハム、本拠地に戻って、ようやく、
薄氷の勝利を手に入れました。

これで、流れは、日本ハムに戻って
きたと言えます。

日本ハムの1勝2敗ですが、もう、互角
と見ていいでしょう。

それにしても、あの場面で、サヨナラ打
をきっちりと決める大谷という男、
改めてすごいね。

すごい男ですよ。

ピッチングでも、パリーグ優勝を決める
試合で、日本シリーズを決める試合で、
うならされましたが、今度は日本シリーズ
でバッターとしてうならせてくれた。

年俸10億、いや、20億やってもいい
くらいです。

メジャーに移籍したら、即、それくらい
の年俸をもらえる価値のある選手ですよ。

日本ハムは、来季の契約更改で、大谷
にはそれくらいの誠意を見せて、引き
とめないと。

こんなすごい選手は、10年、いや、20年
に一人です。

残りの日本シリーズで大谷を見られる
幸せを噛みしめたいと思います。



*日本ハムファンならずとも、大谷の
グッズはほしくなりますね。私も完全に
「大谷ファン」ですよ、もはや。↓



posted by あらやまはじめ at 23:04| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道日本ハムファイターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村