2016年10月16日

【パ・リーグCS速報】なんと、大谷が抑えで、しかも165キロを投げて、日本ハム、日本シリーズ進出ですよ!…栗山采配には恐れ入りました

今日のパ・リーグCSファイナル
シリーズ第5戦、私は最後の方
しか見られませんでしたが、中継
していたGAORAにチャンネルを
合わせて、私は驚きましたよ。

9回表、日本ハムが3点リード
の場面で大谷が投げている
ではありませんか!

大谷が抑え?

この起用には参りましたね。

脱帽ですよ、栗山采配には。

思えば、大谷は第1戦で投げて
いますから、中3日空いている。

なら、1イニングくらいなら、
投げられるであろう。

しかも、大谷には初めてセーブが
付く場面。

さらには、チームで一番いい
ピッチャー。

ファンも喜ぶはず。

すべてが揃いました。

しかも、その場合で大谷、
なんと日本新の165キロを
出したのですから、役者が違う。

もはや、名実共に、日本で一番の
ピッチャーですよ。

まあ、このピッチャーは、日本
シリーズでも、このような使われ
方がされるであろうと思います。

これで、まだ、22歳ですからねえ。

参った、参った。

称賛の言葉しか見つかりませんよ、
大谷には。

今日の試合、最初の方はラジオで
少し聞きましたが、初回にソフト
バンクは4点を先制しました。

「今日も日本ハムは苦しいか」と
思いましたが、栗山監督は先発の
加藤を初回で諦め、二回からは
バースを投入しました。

この思いきった采配が、結果的
には奏功しましたね。

途中、私は聞けませんでしたが、
終わってみれば、日本ハムが許した
失点は、この4点だけでしたから。

CSのMVPは、中田が獲得しました
が、今日、反撃ののろしとなる
ホームランを始めとして、3安打。

4番としての仕事は十分にしたと
言えるでしょう。

これで、日本シリーズは広島と
日本ハムの対戦となりました。

1位同士の対戦ですから、王道
と言っていい。

どちらが勝っても、「大谷の
シリーズ」になるような気が
しないでもないですが…。

最後に、敗れて3連覇を逃した
ソフトバンクについてですが…。

一言で言えば、「なんやかんや
言って、強かった」ですよ。

最後の最後までね。

しかし、孫オーナーが言って
いた「10連覇」とか、大言壮語
すると、ロクなことはありません。

巨人の9連覇の時代と、今は
違います。

一つのチームだけが何年も連覇を
続けるというのは、不可能に近い
ですし、全体の発展を考えれば、
されるべきでもない。

各チームが切磋琢磨するから、両
リーグ共、面白くなり、ひいては
観客動員数も増えるわけですから。

広島に日本ハム。

一昔前前なら、「客が入るのか」
と言われかねない対戦ですが、
今や、両チーム共、人気球団です。

それもこれも、地域密着で、
選手だけでなく、球団全体が
頑張ってきたからこそ。

楽しみなシリーズになって
きましたよ。


*大谷のカレンダー、紹介して
おきましょう。↓


posted by あらやまはじめ at 18:35| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道日本ハムファイターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村