2016年10月10日

【セ・リーグCS速報!】DeNA、嶺井博希のタイムリーで、巨人を倒し、ついにファイナル進出!…9回裏、代走の鈴木尚広を田中健二朗が牽制で殺したのが、勝利の分かれ目でしたね

プロ野球の試合を見ていて、
こんなに熱くなったのは、
私にとっては久しぶりです。

楽天が初優勝した時以来
でしょうか。

それくらい、今日のセ・リーグ
CSファーストステージ第3戦の
「巨人×DeNA」は手に汗握る
好ゲームとなりました。

ちょっと見ていきましょう。

先制したのは、昨日に引き続き、
DeNAでした。

初回、ロペスが2ラン。

しかし、巨人もすぐにその裏、
阿部の2ランで同点に。

DeNAは直後の2回表に、関根の
犠牲フライで1点をリードします
が、巨人も6回裏、村田のソロ
ホームランで同点に。

その後は、両チーム共、投手陣が
好投し、追加点を奪えないまま、
終盤へ。

しかし、9回裏、DeNAにビッグ
プレーが生まれました。

その主役は、代わったピッチャー
の田中でした。

田中は、巨人の村田をフォアボール
で出し、代走は、あの鈴木ですよ。

私は、嫌な予感がしました。

ところが…。

リードの大きかった鈴木を、
一瞬の隙をついて、田中が
刺したんですなあ。

これは、今日の試合を左右した
一番のビッグプレーと言って
いい。

あれで、鈴木がそのまま塁に
いたら、DeNAはサヨナラ負け
を喫していた可能性が大でした。

「勝負の分かれ目」でしたね。

延長戦となりました。

11回の表、DeNAは、倉本が
代わった澤村の足を強襲する
内野安打を放ち、ここで巨人は
ピッチャーを田原に交代しました。

私は「イケる!」と思った。

そして、嶺井がその田原の
代わりばなをレフトオーバー
のタイムリー。

これで、DeNA、ついに勝ち越し。

もっとも、一点差で11回裏
でしたからねえ。

一抹の不安はありましたが、
最後は山崎康がよくぞ、阿部
をライトフライに打ち取り
ましたよ。

DeNA、見事な勝利を収めました。

もうねえ、DeNA、並びにその
ファンは、思い残すことはないん
じゃあないですか。

なにしろ、3位ですからね。

しかも、勝率は5割を切って
いるわけです。

広島に乗り込んで、思う存分、
暴れまわってほしい。

負けて元々なんですからね。

しかし、今日は久々にいいものを
見せてもらいました。

DeNA、並びに、敵地東京ドームの
左半分を埋め尽くしたDeNAファン
には感謝ですね。


*今日のヒーロー、嶺井のカード
ですよ! ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BBM2016 横浜DeNAベイスターズ Energy Star No.ES5 嶺井博希
価格:324円(税込、送料別) (2016/10/10時点)




posted by あらやまはじめ at 19:49| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜DeNAベイスターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村