2016年09月21日

【パ・リーグ首位決戦速報】極論すれば、陽岱鋼の大ファインプレー2つで勝ちましたよ、今日の日本ハムは…今日の大谷なら完投できた、なぜ栗山監督は9回に替えたのか?

今日、私は当然ながら、パ・リーグ
の首位決戦、「ソフトバンク×日本
ハム」戦を最初から最後まで見ました。

これはねえ、どうしても見逃せな
ませんでした。

もう、両チーム共、残り10試合を
切っており、明日も含めて、最後
の直接対決となるのですから。

日本ハムの先発は大谷。

一方のソフトバンクは、千賀。

こういう重要な試合は、立ち
上がりで決まりがちです。

初回、日本ハムのレアードが
2ランホームランを放った時点で
私は、日本ハムの勝利は固いと
思いました。

大谷のピッチングは凄かった
ですよ、今日も。

ストレートも去ることながら、
今日は勝負どころでのフォークが
ことごとくいいところに落ちて
いました。

2対1で日本ハムリードの9回、
栗山監督は大谷を替えました。

これは、頂けなかったなあ。

「なぜ替えるのか」と思いました
ねえ。

球数だって、そんなに行って
いなかったですしね。

今日の大谷なら、完投できた
はずですよ。

案の定、替わったバースが、
ランナーを塁にためる展開と
なってしまいました。

栗山監督は慌てて、谷元に
スイッチ。

しかし、日本ハムを救ったのは、
センター陽岱鋼の守備でした。

今日、陽岱鋼は終盤に代打で
登場しましたが、替わった直後の
8回にもファインプレーを演じて
いましたが、9回も、江川の打席で、
センターに飛んだ大きな飛球を、
前進守備の陽岱鋼が後ろ向きで
走って好補したのには、ちょっと
震えましたね、私は。

二度も大ファインプレーを
見せた陽岱鋼の守備で勝てたと
言っても過言ではないでしょう、
今日の日本ハムは。

あれが、陽岱鋼以外の外野手
だったら、あそこまでの守備が
できたかどうか。

陽岱鋼、今年一番の存在感を
見せつけたと言っていいでしょう。

明日は、陽岱鋼をぜひとも一面に
してほしいなあ。

頼みますよ、なかなかないんです
から。


*今日は「陽岱鋼の日」でした。↓


posted by あらやまはじめ at 22:20| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道日本ハムファイターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村