2016年09月01日

【スポニチ】一面の「夏目三久 独占激白」は、読み応えがありました・・・しかし、なぜ、日刊スポーツは自信満々に「妊娠・結婚」記事を一面で出したのか?・・・「のりピー」を思い出します

今日こそは、野球の話題を、と思って
いましたが、スポニチの一面を見て、
「こっちの話題にするしかない」と
思わざるを得ませんでした。

その一面とは・・・

・妊娠、結婚、熱愛、降板すべて
夏目三久 ウソ 独占激白


・・・でした。

今日の午前中に、私は姉妹ブログの
「ニュースブログ」でも、関連する
話題を取り上げましたが、スポニチ
では「独占激白」です、これは読み
応えがありました。

スポニチは電話インタビューで、
夏目三久ちゃんに取材。

三久ちゃんも、かなり突っ込んだ
ところまで回答していました。

例えば・・・

・女性にとって極めて私的な内容が
断定されていて、驚いた。

・法的措置も考えている。

・誰も信じてくれなくても、もう一度
言います。事実ではありません。


・・・などなど。

その発言から結論すれば、「日刊
スポーツの一面報道は、すべて誤報
だった」と言えなくもありません。

ここまで当事者が報道を否定すると
いうのは、近年聞いたことがない。

ですが、「それでも・・・」と思って
しまうのは、穿ちすぎでしょうか?

私が思い出すのは、酒井法子さんの
「失踪事件」です。

私が名古屋に赴任していた時のこと
ですが、非常によく覚えています。

「のりピー」こと酒井さんは、それ
こそ、今の三久ちゃん以上に清楚な
イメージでした。

しかし、夫が覚醒剤で逮捕された後、
のりピーは失踪してしまいます。

世間はのりピーを「悲劇のヒロイン」
扱いしましたが、結果的に彼女は
夫と同様、覚醒剤で逮捕されることに
なったことを我々は忘れていません。

あれほどの衝撃はなかった。

芸能人という人種は「そういうことが
できるのだ」と、私なんかは愕然と
した記憶があります。

あののりピーでさえ、そうだったの
ですから。

今回のスポニチの記事を読んで、
心情的には三久ちゃんを擁護したい
気にはなりましたが、では、なぜ、
日刊スポーツはあそこまで、自信満々
に「妊娠・結婚」記事を一面に持って
きたのか?

確証がなければ、一面に持ってこない
でしょう?

日刊スポーツと言えば、私も学生の頃
から読んでいる、スポーツ紙の中では
最も評価しているスポーツ紙です。

軽々に、あのような話題を勢いだけで
一面に持ってくるようなスポーツ紙
ではありませんよ。

東スポじゃあるまいし。

「火のないところに煙は立たない」
とも言います。

日刊スポーツは、なんらかの「火」を
つかんで、「煙」にした。

三久ちゃんからすれば、それらは
「すべてウソ」なのかもしれません
が、のりピーのケースもあります。

元アナウンサーとはいえ、今は
フリーアナ、言ってみれば、
「芸能人」と同じような立場と
言っていいでしょう。

どうしても話せない事情があるの
かもしれません。

ちょっと、この騒動、興味深くなって
きました。

しばらく、当ブログでも追い続けたい
と思います。



*今週の「週刊文春」と「週刊新潮」にも、
それぞれ、三久ちゃんについての記事が
掲載されています。↓







posted by あらやまはじめ at 19:30| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村