2016年06月15日

イチロー、世界一4256本にあと1本、5紙で一面!・・・「日米通算」を認めないピート・ローズ氏、まるで、ドナルド・トランプ氏のように見えてきた、なんとも可愛げがない

今日のスポーツ紙は、驚いた、5紙で
「イチロー」のデカ字が一面で躍り
ました。

私は日刊スポーツを購入しましたが、
「あとイチ」のデカ字と共に、
イチローがベース上でウィンクする
写真がデカデカと掲載されました。

しかし、私が気になったのは、紙面
右下に載っていた「ローズさん、
ご機嫌ななめ・・・」との記事の方
でしたね。

「ローズさん」とは、大リーグの安打
記録保持者の、おなじみ、ピート・
ローズ氏です。

「日米通算」記録を以前から認めない
ローズ氏は、今回も「私をヒット・
クイーン(2番)にしようとしている」
とご立腹の様子。

ローズ氏の気持ちも分からないでは
ありません。

そもそも、大リーガーは、昔は特に
そうでしたが、「なるだけでも大変」
です。

ローズ氏が活躍した時代は、今より
チーム数も少なかった。

だからこそ、強烈な「エリート意識」が
あることも納得できます。

昔だけじゃない、今でもそうです。

それは、日本から渡った野手(特に
内野手)がほとんど成功していない
ことからも「狭き門」であることは
よく分かります。

もっとも、「自国での記録」に誇りを
持っているのはローズ氏だけじゃあ
ありません。

日本でも、「3000本安打」の張本勲
さんは、いまだに「オレが安打数の
日本記録保持者」と主張しています。

ローズ氏と張本氏の板挟みにあって
いるような状態のイチローですが、
本人はあまり気にしていない様子です。

イチロー曰く、「意識していない。
チームメートや身近にいる人たちが
祝福してくれればいい」と。

こうして、すごい記録を作っている
のに、どこまでもクールなイチロー。

だから、皆が称賛するんです。

日米問わずね。

この「日米通算記録」というものは、
論議を呼ぶところですが、私は、
四半世紀前にアメリカに四年間
住んでいたこともあります、当時は
アメリカ人とも野球の話をよくしま
したが、その体験から言っても、
どちらかと言えば、ローズ氏の
言い分は「認めなければならない」
という立場ではあります。

にしても・・・。

ローズ氏、可愛げがないですよね。

もう75歳ですよ。

監督時代の野球賭博で、大リーグから
永久追放され、いまだに復権を果たして
いません。

少しは、「イチローに寄り添う」ことも
考えた方がいいのではないか?

ローズ氏がイチローの日米通算記録を
認めれば、日本のファンは喜びますし、
アメリカでだって、「そういう見方も
あるかもしれない」という機運も出て
くると思うんですよねえ。

現に、私がアメリカにいた時の
ルームメートは白人でしたが、
ローズ氏と違って、王貞治さん
(現・ソフトバンク会長)の
ホームラン記録を「すごい!」と
素直に認めていましたよ。

ローズ氏は、いかにも「大リーグ原理
主義者」のようで、実に可愛げがない。

大統領選で共和党の候補に確定した、
かのドナルド・トランプ氏のような
頑迷さが感じられ、嫌悪感さえ抱き
かねない。

一人の老人の生き方としてもどうかと
思う。

頑固な老人は、だれからも好かれず、
孤独死しますよ。

「裸の王様」で死んでいってもいい
のか?

素直に認めようよ。

イチローのすごさを。



*いまだに高値がつく、ローズ氏の
サイングッズ、だからこそ、何とも
もったいないんですよねえ、ローズ
氏のキャラクターが。↓






posted by あらやまはじめ at 19:16| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村