2016年05月18日

【速報!】フルセットの末、6対12の劣勢から大逆転の日本、泣けたよ!…今日のMVPは迫田さおり、そして、レッドカード2本のタイの監督じゃあないですか

「泣けたよ」という表現、私は
あまり使いたくないのですが、
今日は「泣けたよ」と言いたい。

私は今日、荻窪の「西郊ロッヂング」
なる、古風な旅館に泊まっています
が、その環境も私を普段より、
センチメンタルな気分にさせた
のか。

私は今日のバレーボール中継、
第1セットの後半あたりから
見始めましたが、正直言って、
「タイはこんなに強かったのか」
と思いました。

なにしろ、第1、第3セットを
取られ、第4セットも一時は
19対21と劣勢でした。

負けを覚悟した視聴者も多かった
のではないでしょうか。

しかしねえ、今日は、迫田が
すごかったですよ。

迫田さおり。

最後は迫田の強烈なアタックで、
日本、辛うじて第4セットを取り
ました。

迎えた最終セット。

15点制です。

タイはここでも、日本のアタックを
ことごとくブロックし、また、よく
球を拾いましたよ。

一時は6対12となり、さすがの
選手たちの顔からも笑顔が消え
かかっていました。

ところが…。

宮下遥のサーブから、流れが
変わりました。

…いや、正確には、タイの監督が
レッドカードを食らい、日本に
1点が入った。

このあたりから、流れが日本に
向いてきました。

この、「レッドカードで相手チーム
に1点」ということ、私は初めて
知りました。

昔はなかったですよね、こういう
のは。

宮下がサービスエースを決め、
石井優希がアタック、日本の
ブロックも決まっては、日本、
ついに12対12の同点!

そして、迫田のアタックでついに
日本、逆転!

ここで、タイの監督は、また何やら
文句を言い始めました。

すると、レフェリー、またもレッド
カードの札を挙げました。

どうやら、遅延行為により、レッド
カードを挙げたと。

これで、日本、14対12。

マッチポイントです。

宮下のサーブが続きます。

タイに1点返されたものの、
最後は迫田の強烈なアタック!

15対13。

日本、勝った!

試合終了後、宮下は涙。

「サオリン」、木村沙織も涙。

迫田も涙。

そして、視聴者も涙。

…本当にねえ、良かったですよ。

今日のMVPは迫田さおりで
間違いないと思いますが、
「陰のMVP」は、間違いなく、
タイの監督でしたね。

しかし、まあ、こんなに
バレーボール中継に夢中に
なったのは久々ですなあ。

残りの3試合も、なんとか
頑張ってね、五輪出場を
勝ち取ってほしいですよ。

最後に…バレーボール中継の
後の番組を見ながら、記事を
書いていましたが、竹下佳江
さんのエピソードに、また、
涙しました。

泣かせるなよ、もう。


posted by あらやまはじめ at 23:14| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村