2016年03月24日

【日刊スポーツ】佑ちゃんならぬ、「優ちゃん」が甲子園に登場?…大阪桐蔭のイケメン、高山優希、快投で日刊スポーツ初の一面は、なんとも清々しい

明日、プロ野球が何もなかったか
のように開幕します。

毎年、私は「あらやまの順位予想」
と題しては、両リーグの順位を予想
してきましたが、今年はやめます。

明日、開幕することにどうしても
納得ができないからです。

というか、開幕しても、当ブログ
では記事にしないかもしれません。

政界の政局のようなことをしている
プロ野球界。

本当のプロ野球ファンなら、明日の
開幕に「否」と声を挙げるべきです。

ということで、今日も当ブログ
では高校野球の話題を取り上げる
ことにします。

腐れ切ったプロ野球と比べて、
なんと、清々しいことか。

今日、私が購入した日刊スポーツ
では「優ちゃん」が一面でした。

優ちゃん?

「佑ちゃん」こと、日本ハムの
斎藤佑樹ではない?

では、誰か?

大阪桐蔭の高山優希ですよ。

昨日のセンバツ、土佐との対戦で
8回を見事ゼロに抑え、甲子園
初勝利を挙げました。

なぜ、そんなに大きく取り上げ
られたのか?

イケメンだからです。

私は生まれてこの方、イケメン
にはなったことがないので、
その心境は伺いしれませんが、
まあ、気分は悪くはないでしょう
ね、高山も。

記事を読み進めれば、高山の
お母さんはフィリピン出身なんだ
そうですね。

まあ、私くらいの年齢ですと、
お父さんがお母さんとどこで
知り合ったのか、気になる
ところではありますが、不問に
しましょう。

こういう孝行息子を立派に育てた
ですからね。

一人の親として、私も見習いたい。

顔は無理だけど。

この高山、イケメンなだけでなく、
左ピッチャーで最速150キロを
投げる本格派です。

三年生ですから、今秋のドラフト
にもどこかの球団にかかるのでは
ないか。

期待が高まります。

悪臭漂うプロ野球に対する
アンチテーゼとしても、その
清々しさを持って、我々の目を
楽しませてほしいと思いますね。

今回のセンバツ、見所たっぷり
です。

もう、プロ野球など一面にしなくて
いいですよ。

posted by あらやまはじめ at 20:34| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村