2016年01月09日

「マエケン」、ドジャース入りで、かつてない注目を浴びています…ワールドシリーズを目指して頑張るのが、優勝できなかった広島への恩返しになるでしょうね

今日、私が購入した日刊スポーツ
では一面は逃しましたが、他紙
では軒並み、この人の話題が
一面を飾りました。

ドジャースに正式入団した「マエ
ケン」こと、前田健太ですよ。

年棒は日本円で約3.6億円、8年
契約、さらには、インセンティブ
付きと、予想以上の契約となり
ました。

もっとも、マエケンは、「身体
検査で異常があった」ことを、
前もって公開しました。

これは、年棒が低く抑えられた
ため、探られないように予防線を
張ったのでしょうが、せっかく
だから、マエケンには、その
「身体検査」について、語って
ほしかったですね。

まあ、契約上、難しいのでしょう
が。

この「身体検査」、何を検査する
のか、一般のファンには知る由も
ありません。

マリナーズに残留となった岩隈も
この「身体検査」で引っ掛かり、
移籍が困難になった。

私が想像するに、おそらくは
内臓系の問題なのではないかと
思っていますが、「身体検査」は
年々厳しくなっているものと
思われます。

かつては、「身体検査」で引っ
掛かるなんてことは、なかった
ですからね。

しかし、まあ、マエケンには、
頑張ってもらいたいですよ。

何より、彼の場合、広島での
優勝ができず、また、「ここぞ」
の大一番で勝ったという印象が
全くありません。

ここが、かつてのダルビッシュ、
あるいはマー君とは決定的に違う
ところでしてね。

四半世紀以上、プロ野球を見て
きているオールドファンとしても、
マエケンは「日本のエース」とは
とても呼べない。

というか、「広島のエース」と
しても、どうだったかと、疑問を
抱かざるを得ないピッチャーだった
というのが、偽らざる心境です。

広島ファンなら、問答無用で彼を
支持するのでしょうが、他球団の
ファンから見れば、「怪しい存在」
のままですよ、彼は。

「大舞台で勝てない」というか、
「大舞台に出られない」と言って
もいい。

沢村賞を2回取っていても、彼の
印象は薄いんですよ、はっきり
言って。

だからこそ、かつてない注目を
浴びているマエケンには頑張って
ほしいと思いますね。

ワイドショーでマエケンが取り
上げられるのは、人生初でしょう。

広島で優勝ができなかったの
ですから、ドジャースでは優勝、
というか、ワールドシリーズを
目指してほしいものです。

それが、広島球団並びにファンへの
最大の恩返しになるはずです。

期待したいと思いますね。
posted by あらやまはじめ at 21:23| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村