2015年12月26日

東京中日スポーツの「競馬面は抜き取り、別刷り」との試み、他のスポーツ紙にも見習ってほしいですね…みんながみんな、有馬記念の競馬の一面を見たいとでも思っていたら、大間違いですよ

今日のスポーツ紙、私は「羽生 
悔しい」が一面の東京中日スポーツ
を購入しましたが、ここのところの
東中、実にいいですよ。

今日も他のスポーツ紙が軒並み、
有馬記念の競馬を一面で騒いで
いましたが、みんながみんな、
競馬の一面を見たいとでも思って
いたら、大間違いですよ。

東中は、今日、いや、ここ最近、
競馬は一面にせず、別刷りにして、
抜き取れるようにしました。

だから、今日は唯一、フィギュア
の「ゆづくん」、羽生結弦を一面に
持ってこれたというわけです。

私が行ったコンビニでも、売れ行き
は良かったですよ。

有馬記念を翌日に控えて、競馬が
スポーツ紙の一面にならないという
ことは、これまでになかったんじゃ
ないですか。

少なくとも、私がスポーツ紙を買い
始めて30年近くの間では記憶にあり
ません。

年末のこの時期は「有馬記念を一面に
持ってくれば、それでいい」とでも
いった、各スポーツ新聞社の思考停止
というか、怠慢を感じないわけには
いきませんでしたが、今年は違う。

東中の試み、私は大いに評価したい。

他のスポーツ紙も見習ってほしい
ですよ。



posted by あらやまはじめ at 18:41| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村