2015年12月15日

2勝で年俸4億円の内海に続き、今度は7勝の金子が年俸5億円ですか…複数年契約も、見直しの時期に入ってきているんじゃあないですか、おかしいですよ

プロ野球選手の契約更改の
ニュースが続いています。

昨日はヤクルトの川端が、チーム
の優勝、さらには自身の首位打者
獲得もあり、4年契約の年俸1億6千
万円を勝ち取りました。

川端の場合、来季にもFA権を取得
することから、ヤクルト球団が
引き留めに入ったと言えるでしょう。

その一方で、オリックスの金子は、
年俸5億円をキープしては、「謝罪」
をしました。

なぜか?

金子は今季、7勝に終わったからです。

しかし、記憶に新しいですが、彼は
昨年、タイトルを総なめにし、FA
宣言しては、大リーグ、もしくは、
他球団への移籍が現実のものに
なろうとしていました。

だから、オリックスは珍しく、大盤
振る舞いしました。

金子の場合、昨オフには手術もしま
した。

ですから、最悪、今季登板できない
可能性もありました。

シーズン途中から復帰しましたが、
その時にはオリックスは最下位を
独走。

楽天がボロ負けし、結果的には最下位
は逃れましたが、シーズン当初、この
チームは優勝候補の筆頭でした。

はっきり言って、「戦犯」なんですよ、
金子は。

先週でしたか、巨人の内海も、金子と
同様、複数年契約のおかげで、今季、
2勝に終わりましたが、年俸4億円を
キープしました。

おかしいですよね、これは。

私はオリックスのファンでも、巨人
のファンでもありませんが、これは
納得できませんよ。

「複数年契約に甘えた」と言われても、
仕方がないですよ、金子も内海も。

だいたい、複数年契約は、日本の
プロ野球には合わないと私は思って
います。

大リーグとは、というか、アメリカの
ような「契約社会」とは違うんですよ、
日本の風土は。

これねえ、NPBで再考すべきですよ。

「複数年契約は禁止」とまでは
言わなくても、全く活躍できない
のなら、先般の杉内のように「自主
返金」するように通達を出すとかね。

彼らの給料の原資は、突き詰めれば、
ファンが球場に見に行く「入場料」
です。

金子や内海のようなケースが続けば、
ファンからそっぽを向かれるばかり
か、日本のプロ野球全体の地盤沈下
にもつながりかねない。

見直しの時期に入っていることは
間違いありません。

誰のためのプロ野球か、考えて
もらいたいですね、改めて。

posted by あらやまはじめ at 19:14| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | オリックスバファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村