2015年10月03日

「原監督、退任へ」が日刊スポーツの裏一面に、後任は江川卓氏?…ヤクルト優勝が全紙一面を飾る中で、厳しい現実が他球団には待ち受けています

昨晩、当ブログでもヤクルト優勝の
【速報】を流しましたが、今朝の
スポーツ紙は全紙、ヤクルト優勝が
一面を飾りました。

珍しいですよ、これは。

優勝したとしてもね。

いかに、ヤクルト、並びに、真中
監督がスポーツ紙に嫌われていない
かという証左です。

私は日刊スポーツとサンケイスポーツ
を購入しましたが、目に留まったのは
ヤクルトの記事ではなく、日刊スポーツ
の裏一面を飾った「原監督退任へ」です。

今年で2年契約が切れる原監督ですが、
球団からはまだ続投の要請がありません。

他球団の監督人事が軒並み決まってきて
いる中で、確かにキナ臭い。

原監督は既に7度のセ・リーグ優勝、
3度の日本一に輝いており、巨人の
補強が毎年毎年他球団の羨望の的に
なることを差し引いても、「名将」の
域に近付いてきていると言って、
間違いではないでしょう。

しかし、今年は優勝を逃し、昨年は
優勝したものの、CSで阪神に敗れ、
日本シリーズ進出を逃した。

こうした「勝負弱さ」が、近年は
目立つようになってきました。

期待の若手は、今年もほとんど
育たず、「何のための一年だった
のか」という思いが球団にはあるの
ではないか。

では、どうなるのか?

私は原監督は自ら辞任するのでは
ないかと思いますね。

こういう報道が日刊スポーツの
ような大手のスポーツ紙に出ると、
当然、他紙も後追いします。

周りから固められてしまう。

原監督は、前回の辞任の時もそう
でしたが、決めるときはスパッと
決めます。

今回も、周りを固められ、身動きが
取れなくなる前に、自ら去るのでは
ないか。

それが、CSの前になるのか、後に
なるのかは分かりませんが、CSで
敗退したら、スパッと辞めそうな
気がします。

では、後任は誰になるのか?

日刊スポーツには、江川卓氏、
あるいは、川相ヘッドコーチの
名前が取りざたされていますが、
個人的には江川氏にやらせてみたい
ですねえ。

江川氏が監督になれば、私のような
「巨人嫌い」でも「おやっ?」と
なります。

理論派の解説で、私も好きな江川氏。

「空白の一日」の苦い記憶は、オールド
ファンには今も鮮明でしょうが、あれ
からもう40年近く経ちます。

そろそろ、許してやってもいいんじゃ
ないですか。

巨人の監督人事、私はCS期間中も、
逐一追っていきたいと思いますね。



posted by あらやまはじめ at 19:26| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読売ジャイアンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村