2015年08月20日

【速報】仙台育英、9回表についに「プッツン」した感がありましたが、熱くさせてくれた選手たちには感謝ですよ・・・東海大相模は底力が違いましたね、おめでとう

やっぱり、今年も「白河越え」はなり
ませんでしたか・・・。

正直に言って、「悔しい」。

神奈川に住んで10数年。

もはや、仙台に住んでいた年数を超えて、
神奈川に住み続けてきている私ですが、
こと高校野球に関しては、何年経っても
「東北びいき」なんですよ。

こればかりは「血」と言うしかない。

今日の仙台育英と東海大相模の決勝戦、
初っ端から出鼻をくじかれました。

いきなり、東海大相模に先制点を許し、
私はすぐにテレビ中継を見るのをやめ、
ラジオで作業をしながら聞いていました。

しかし、途中、6対6に追いつきましてね。

これで、「行ける!」と思った。

流れは仙台育英に来ていた。

ですが、同点に追いついてなおも2アウト
3塁の場面で勝ち越せなかった。

8回裏には、バッターが東海大相模の
小笠原のストレートをよけずに当たり、
フォアボールかと思ったら、「よけな
かった」との審判の判断でアウトに
なった。

流れが悪くなったところで、9回表、その
小笠原に初球ホームランを打たれて
しまった。

佐藤世那。

もはや、ここで「プッツン」してしまった
感がありましたね。

その後も連打を許し、さらにはセンター
への犠牲フライで、東海大相模は2塁から
タッチアップで、センターがアウトを
取ってホッとしている間に、ランナーは
一気に3塁を蹴って、ホームに帰ってきた。

なんかねえ、1987年の日本シリーズの
「伝説の辻走塁」を見ているようでした。

東海大相模は底力が違いましたよ。

当時の西武と巨人の違いのような差を
感じましたね。

私は「神奈川・川崎ブログ」も日々更新
していまして、後程、そちらでは東海大相模
を祝福したいと思いますが、ここでも彼ら
には「おめでとう」と言いたいですね。

彼らには「東北勢の悲願」など、関係ない
わけですからね。

また、仙台育英の選手たちにも感謝です。

ここまで、高校野球で熱くなったのは久々
ですよ。

それこそ、1989年、仙台育英が決勝に行った
とき以来かもしれない。

本当に惜しかった。

ですが、どちらかが勝って、どちらかが負ける
わけですから、こればかりは仕方がない。

彼らにもねえ、最大限の敬意を表したいと
思いますよ、私は。

「ありがとう」と言いたい。



*改めて、読みたい。↓

posted by あらやまはじめ at 15:49| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村