2015年03月30日

勝った巨人を差し置いて、黒田が三紙で一面になるとは…もはや「社会現象」と言ってもいいんじゃあないですか

恐れ入りましたね。

広島の黒田。

オープン戦から、その動向は常に注目
されていましたが、昨日の開幕第三戦、
7回無失点で、今季初勝利、というか、
8年ぶりの日本復帰戦を勝利しました。

しかしねえ、今朝のスポーツ紙、
主要三紙が黒田を一面に持ってきた
のには、改めて驚きました。

昨日、巨人は勝っているんですよ。

しかも、新人の高木勇が。

一昔前なら、間違いなく、巨人が
一面でしょう。

しかし、私が購入した日刊スポーツ
では、黒田は一面どころか、二面と
三面も独占。

さらには、社会面でまで取り上げ
られている。

参りましたね。

もはや、「社会現象」と言っても
いいんじゃあないですか。

いや、私は今朝のニッポン放送で
巨人ファンのテリー伊藤さんが、
「黒田を見て、泣けてきた」という
発言、聞き逃しませんでしたよ。

案外、巨人ファンも黒田、並びに
広島カープに今年は「そろそろ優勝
でもいいんじゃないか」という雰囲気
を感じてなりません。

私が行く、巨人ファンの床屋さんも
言ってましたしね。

昔はこんなんじゃなかったですよ。

黒田は、あくまで「広島限定の」スター
でした。

黒田が巨人戦に勝って、一面になった
のを私は見たことがない。

やっぱり、高額年俸を蹴って、言葉は
失礼ながら「貧乏球団」に戻ってきた
黒田の「男気」は、思った以上に、世間
には感動を呼び続けていますね。

しかも、投球術が素晴らしいですからね、
黒田は。

昨日の試合のハイライトを見ましたが、
あれだけコントロールのいいピッチャーは
今の日本球界にはいません。

いいピッチャーは、みんな大リーグに
行ってしまいましたしね。

そんな風潮を逆行するかのような、黒田
の日本復帰は、潜在的な野球ファンを
呼び戻したという感じすらします。

今年のカープ、黒田を擁して優勝でも
したら、黒田は本当に「伝説」になり
ます。

昨日の試合を見ていたら、そういう
雰囲気になってきたような気がします。

近年、広島カープの選手がここまで
騒がれることはなかった。

今年は、名実ともに「機は熟した」
と言えます。

いやが上にも、期待は高まる。

今後の黒田の登板、私もなるべく
中継でチェックしたいと思いますね。

posted by あらやまはじめ at 18:41| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広島東洋カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村