2015年03月27日

ファールボールで失明して、4190万円の賠償はおかしいですよ…被害者は気の毒かもしれませんが、日本ハムは控訴すべきです

なぜ、この判決をプロ野球の開幕
直前に持ってきたのか?

昨日、2010年に札幌ドームで野球
観戦していた女性が、ファールボール
に当たって右目を失明したのは、球団
に責任があるとして訴えていた問題で、
判決が出ました。

なんと、日本ハム球団に4190万円の
支払義務があると。

これは、おかしいですよ。

私はこれまで、プロ野球の試合を100
以上もいろいろな球場で見てきています
が、日本の球場はどこでもファールボール
対策に抜かりはないと私は思っています。

私は留学中に何度か大リーグの試合も
見ましたが、あちらなんかはファール
ボールは「観客が避けるもの」と徹底
されていて、観客は別に注意されなく
ても分かっていますよ。

だから、内野席とグラウンドの間にも
ネットが設けられていません。

その分、内野席の前からも、グラウンド
が実に見やすくなっています。

一方の日本はどうか。

内野席とグラウンドの間には、高いネット
がこれでもかと張られています。

おかげで、内野席の前からは、ネットが
邪魔になって、興ざめすることこの上ない。

私は内野席に座る場合は、上の方に座り
ます。

ネットが邪魔で試合が見えないからです。

さらに、日本では「ファールボールの
行方にはご注意下さい」と何度も何度も
アナウンスが流れます。

実際にファールボールか飛んできたら、
近くにいる係員が笛を吹いて、観客に
注意喚起までしている。

ここまでファールボール対策をやって
いるんですよ、日本は。

それでも、右目に当たって失明したという
ことは、そういう観客は「見に来る資格が
ない」と私は思う。

いいじゃないですか、別にプロ野球は
テレビでも見られますし、興味がなけ
れば、見なくたっていいんです。

見ないからといって、死ぬわけでもない。

ここまで注意喚起されていて、ファール
ボールが当たるというのは、被害者には
酷な言い方かもしれませんが、「注意が
足りなすぎ」です。

こういう人は、野球観戦に限らず、何を
するにしても、注意が足りないのかも
しれない。

だったら、なおさら見に行くべきでは
なかった。

今回の判決は札幌地裁が出したもので、
日本ハム球団は控訴する方向で考えて
いるようですが、これは当然やるべき
です。

でなければ、「わざとファールボールに
当たる」などという「当たり屋」が出ない
とも言い切れない。

おかしな判決です。

被害者は、「クレーマーもどき」と言わ
れても仕方がないですよ。

自己責任という言葉が分からないのか。


posted by あらやまはじめ at 12:52| 神奈川 | Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道日本ハムファイターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この手の訴訟で万が一球団や球場が敗訴した ら、行き過ぎた安全対策が実施される
恐れがありますね。
小学校のとき鉄棒のある技をやって怪我を
した生徒がいて、職員会議でその技が
禁止になりました。
どんな技だろうが頭から落ちたら怪我をする
恐れはあるのに、特に危険でもない技を禁止す
るのは変だなと思ってから、こういうことが
気になるようになりました。
事なかれ主義や、ごね得は大嫌いです。
Posted by KAZ at 2015年03月31日 15:04
KAZ 様

コメント頂き、ありがとうございます!

お返事が遅れ、申し訳ありません。

ご指摘頂いたとおりだと思います。

「行き過ぎた安全」、「事なかれ主義」、「ごね得」、私も嫌ですね。

おかしなことは、これからも記事で指摘していきたいと思っております。

また、何かございましたら、よろしくお願いいたします!
Posted by あらやまはじめ at 2015年04月08日 15:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村