2015年02月24日

女子プロレス「スターダム」の安川惡斗が世W虎に殴られ、顔面複数骨折・・・「ケンカマッチ」もほどほどにしないと、興行ではなくなりますよ、猛省を促したい

私は、"レメイ"明日輝ちゃんのファン
になって以来、女子プロレス団体の
「スターダム」についても、興味を
持ち続けています。

"レメイ"明日輝ちゃんが「スターダム」
を退団しましたが、紫雷イオちゃんの
ブログの読者であり続けていますので、
情報は入ってきます。

昨晩、その紫雷イオちゃんのブログが、
なにやら深刻そうな感じで、「何か
あったのか?」と心配していましたが、
これだったんですね。

2日前に後楽園で行われた「安川惡斗×
世W虎(よしこ)」戦で、安川惡斗が
世W虎にボコボコに殴られては、顔面
骨折したと。

それも、複数個所。

安川惡斗は、「顔面崩壊」状態である
ことが東スポにも掲載されていました
が、世W虎もしばらく謹慎しなければ
ならないような状況のようです。

これ、「ケンカマッチ」だったそうです
が、なんだろうねえ、よっぽど世W虎は
安川惡斗が嫌いだったのかねえ。

そもそも、プロレスは、女子プロもそう
ですが、「興行」ですよ。

ここを、一時たりとも忘れてはいけません。

「戦い」であることは間違いないのですが、
基本は「エンターテインメント」なんです。

つまりは、「興行」。

お客さんに、楽しんでもらう。

これが、原点です。

今回の「ケンカマッチ」は、双方が本気で
ケンカをしてしまった。

これは、「興行」でも「エンターテイン
メント」でもなければ、お客さんに
楽しんでもらうものでもない。

キツイ言い方をすれば、「裏でやってろ」
といった類の対戦です。

お客さんからカネを取って見せる試合では
ありません。

「スターダム」では緊急会議を開いて、
再発防止に努めることを話し合ったそう
ですが、普段からやらなきゃダメですよ。

今回の「ケンカマッチ」はかなり大きな
話題となり、今後、女子プロレスにも
世間の目がこれまでより向けられるかも
しれませんが、そんなもの、一過性です。

すぐに飽きられます。

毎試合、毎試合「ケンカマッチ」では、
「興行」じゃない。

対戦する両者がしのぎあって、ギリギリの
戦いをして、「どちらが勝つか分からない」、
そういう試合を見たいんですよ、お客さんは。

その「原点」を忘れてしまった「スターダム」
には猛省を促したい。

そういう「原点」の教育をしてこなかった
経営者は、「次に同じようなことが起こった
ら、辞任する」くらいの気持ちで取り組んで
もらわないと、下手したら、今度は死者が
出かねませんよ。

だれが、「興行」で死者を見たい?

最悪も最悪。

せっかく、人気が復活しつつある女子
プロレスに水を差した「スターダム」、
しばらく全体で謹慎した方がいいですよ。

こんなのプロレスじゃない。

posted by あらやまはじめ at 22:52| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村