2014年11月06日

今年も興味深い、中日の年俸査定…落合GM、やはり、メリハリを付けまくっていますなあ

中日は昨年、落合GMの就任により、
契約更改が荒れに荒れました。

結果、井端は巨人に移籍するなどし、
総額で8億円をカットしたと言われて
います。

さて、今年はどうか?

試合よりも興味深いとも言える、この
話題を確認するのに、系列紙の東京
中日スポーツはうってつけです。

一面は、昨日の一般のニュースでも
取り上げられていた、来年50歳になる
山本昌。

今年は1勝に終わりましたが、その
1勝が日本のプロ野球界の歴史を
塗り替えました。

落合GMは、昨年の契約更改で山本昌に
口約束をしていたそうです。

「50歳までやれ。給料は変えないから」
と。

自身が3度の三冠王を取るなど、球史に
残る選手だった落合GMならではの、
「球史に残る投手」への配慮と言える
でしょう。

記録だけではなく、話題性など、野球界
全体のことを考えれば、この落合GMの
判断、私は支持しますね。

2面と3面にも、中日の主力選手の契約
更改の話題が目白押しです。

2面には、「エース」吉見が、2年連続
40%減となり、渋い表情が載っています。

仕方ない。

ここ2年間で1勝では、何も言えない
でしょう。

それでも、1億ももらっているのだから、
来年ダメならクビでしょうなあ。

「落合査定」は、実に分かりやすい。

3面には、川上憲伸が、今季1勝だった
にも関わらず、1000万円増の4000万円
で更改しました。

昨年の時点で2年契約だったことが
明かされましたが、落合GMは何も
言わず。

ここは謎が残るところですが、いいん
ですよ、別に謎のままで。

元々、その実績と比べて低い年俸で
やっているんだから。

また、今季、13勝で最多勝を獲得した
山井が、6000万円増の1億2千万円で
更改。

2年契約。

順当でしょう。

うれしかったのは、小笠原ですよ。

一時は4億円を超える年俸をもらい、
球界でも屈指の高額年俸選手でしたが、
昨年、落合GMに拾ってもらった時は
年俸は3000万円にまで落ちていました。

ところが、今季、小笠原は代打で復活。

打率も、規定打席には遠く及びません
でしたが、3割を超えました。

結果、1500万円増の4500万円で一発
更改。

査定の話はそこそこに、落合GMとは
野球の「懐かしい」話で盛り上がった
とか。

落合GM現役晩年に、日本ハムで師弟
関係にあった二人。

一流同士にしか分からないこともある
はず。

落合GMはうれしいんじゃあないかな、
小笠原が頑張っているのには。

森野も微増という話題が載っていました
が、しかし、これだけの主力選手たちを
相手に一日ですべて終わらせるのです
から、落合GMの素晴らしさ、恐ろしさ
(?)を感じますね。

これで、だいたい、主力選手の契約更改
は終わったでしょう。

見事な手腕ですよ、本当に。

恐れ入りました。

改めて。




posted by あらやまはじめ at 18:56| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村