2014年10月30日

【日本シリーズ第5戦速報】福岡ソフトバンクホークスの皆様、日本一おめでとうございます!・・・秋山監督は幸せな男、有終の美を飾れて、何よりですよ

最後は、「えっ?」という終わり方
でした。

こんな決まり方は、日本シリーズ史上
初めてじゃあないですか。

ちょっと、振り返ってみましょう。

9回から登板のソフトバンクのサファテ
は、ストライクが全く入らない状態
でした。

1死満塁。

バッターは西岡。

ここで、西岡、ファーストゴロを打つ。

ファーストがホームに投げて、フォース
アウト。

キャッチャーの細川は、ファーストに
投げるも、悪送球。

ボールが点々と転がる。

しかし、なんとかホームにボールが
投げられるも、セカンドランナーが
ホームに先に入り、同点。

・・・と思いきや、審判がアウトを宣告
し、ゲームセット。

これ、どういうことかと言えば、
バッターの西岡が、考えられない、
ベースラインの内側を走っていた。

細川がファーストへ投げたボールは、
西岡の背中に当たっていたんですなあ。

これ、私も興奮していて、分からな
かった。

しかし、ベースラインの内側を走って
いて、キャッチャーがファーストに
投げるボールが当たれば、それは守備
妨害となります。

まさかの結末。

まさかですよ。

一瞬、何が起こったのか、分からなかった。

しかし、冷静になって考えれば、西岡の
守備妨害は間違いなく、ソフトバンクは
間違いなく日本一を勝ち取ったということ
です。

西岡は責められませんよ。

どうしても、ゲッツーになりたくなかった。

そうとしか思えません。

死力を尽くした結果です。

西岡を責めるのは、やめましょう。

そしてねえ、何より、8回裏に1点を勝ち
越した松田を褒めたいね。

この決勝タイムリーを放った松田と、
阪神のメッセンジャーの対決は、
見応えがありました。

初球と3球目、松田は強振も強振で、
打てそうな気がしませんでしたが、
メッセンジャーの投げるフォークと
カーブについていっては、最後、
疲れの見えたメッセンジャーが苦し
紛れに投げたであろう、ど真ん中の
ストレートを、見事センター前に
持っていきました。

いい選手になりましたよ、松田もね。

そして、秋山監督。

もはや、辞任を発表しており、どう
なるかと思いましたが、よくぞ、最後
の最後に日本一になりましたよ。

幸せな男ですなあ。

こんないい辞め方をした監督は、日本
プロ野球史上初めてじゃあないですか。

また、孫オーナーもやはり見に来ていて
ねえ。

王会長もいました。

いい球団ですよ。

本社、フロント、球団が一体となってね。

福岡ソフトバンクホークスの皆様、
日本一おめでとうございます、と
素直に言いたいですね。

さて、今年のプロ野球の公式戦はこれ
で終了です。

明日以降、私の開幕前の順位予想を
振り返っては懺悔(?)すると共に、
一年間を振り返ってみたいと思います。

何回かに分けてね。

読者の皆様も、一年間、お付き合い頂き、
ありがとうございました!



*記念にどうぞ。↓




posted by あらやまはじめ at 22:53| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡ソフトバンクホークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村