2014年10月30日

【ワールドシリーズ第7戦速報】青木のロイヤルズ、あと一歩でした・・・ジャイアンツのバムガーナー、ありゃあ、打てませんよ

ワールドシリーズ第7戦速報です。

今日は、ワールドシリーズの第7戦と
いうこともあり、最後の方だけテレビ
で観戦しました。

私が見始めた時には、ジャイアンツの
ピッチャーはロングリリーフでバムガーナー
が投げていましたが、ちょっと見ただけ
で「こりゃあ、打てないだろう」と思い
ましたね。

左ピッチャーで、ややサイドスロー気味に
投げるバムガーナーは、ほとんどアウト
コースのストレートしか投げていません
でしたが、バッターはファウルにするのが
精一杯の状態。

球速表示は140キロ台後半でしたが、あれ、
相当重いだろうと思いましたよ。

日本の左ピッチャーにはちょっといない
タイプです。

ちょっと前の大リーグのランディ・ジョンソン
のような感じでしょうか。

3対2でジャイアンツがリードの9回裏、
ロイヤルズは2アウトから、センターが
後逸したこともあり、ランナーをサード
に進めましたが、最後のバッターも結局
バムガーナーのストレートに詰まって、
サードへのファウルフライ。

バムガーナーさまさまでしたな、
ジャイアンツは。

青木の所属するロイヤルズは、残念
ながらワールドチャンピオンにはなれ
ませんでしたが、29年ぶりのワールド
シリーズに出てねえ、最後も第7戦まで
行ったわけですから、胸を張っていい
ですよ。

一方のジャイアンツは、ここ5年で3度目
のワールドチャンピオンですか。

強いね。

ポストシーズンの勝ち方が分かっていると
でも言いましょうか。

しかし、ガムバーナーはポストシーズン
5勝目で、ワールドシリーズでも3勝を
挙げ、MVPです。

恐れ入りますよ。

最後に、青木が試合終了後にインタビュー
を受けていましたが、ちょっと言葉になら
なかったというかね。

悔しい思いがひしひしと伝わってきま
した。

しかし、よく頑張りましたよ。

誰も青木のことは責めません。

胸を張って、日本に帰ってきてほしい
ですね。


*立派だった。↓



posted by あらやまはじめ at 12:56| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村