2014年10月20日

【速報】敵軍の稲葉と金子を胴上げする器量、優勝監督インタビューで大隣を呼び寄せた秋山監督・・・ソフトバンクというチームを私はちょっと見直しましたよ、日本シリーズ進出おめでとう!

タイトルが長くなってしまい、恐縮です。

しかし、どうしても、取り上げたかった。

結果は、ソフトバンクが日本ハムを4対1
で下して、日本シリーズ進出を決めた
わけですが、決めた後のソフトバンクの
ナイン並びに秋山監督の言動に、私は心を
動かされましたよ。

まずは、今季で引退する日本ハムの稲葉、
さらには金子までを、ソフトバンクのナイン
が近寄っては、胴上げをしました。

してくれました。

これはねえ、セリーグでは見られない光景
です。

ソフトバンクに限らず、パリーグ球団の
連帯感とでも言いましょうか。

私が今でも強烈に覚えているのは、楽天
の野村克也監督が日本ハムにCSで敗れた
時に、日本ハムのナインが胴上げをして
くれたことです。

負けた相手に対してもねえ、こうして
ねぎらってくれるというのは、負けた側
も勝ったチームに対して敬意を払う、
払いたいという気持ちにさせてくれます。

今日もまさにそうでした。

このような光景が見られたというのは、
野球ファン、視聴者としても、至福の
瞬間というかね。

シーズン中には、なかなかありません、
こういう場面は。

最後の最後に、このような粋な計らいを
してくれる勝者は、「勝者の価値がある」
と言っていいですよ。

更なる驚きは、秋山監督の優勝監督インタ
ビューの時です。

インタビューアーが大隣の好投について
触れると、秋山監督、「(大隣を)呼び
ましょうか?」と。

インタビューアーもおそらく、想定外の
ことで、一度目はスルーしていましたが、
秋山監督、もう一度「(大隣を)呼び
ましょうか?」と促した。

それくらい、大隣の好投に感謝していた
のでしょうが、しかし、優勝監督インタ
ビューで、監督が選手を呼ぶというシーン
は、私は四半世紀以上野球を見ていて、
初めて見ましたよ。

大隣も、初めての体験で、相当緊張して
いたように見えましたが、これは、球史に
残る名シーンとして語り継がれるのでは
ないでしょうか。

また、大隣は大病を克服してね、よく
がんばりましたよ。

こういう「えっ?」と思うようなことを、
計らずも二度も見せてくれたソフトバンク
という球団に対して、私は「見直した」
とでも言いましょうか。

好きになった。

いい球団だと思いましたよ。

ややもすれば、強い球団というのは、
「ガキ大将」のようになりかねないの
ですが、今日のソフトバンクを見ていた
ら、そのような気配はまるでない。

日本シリーズ進出を素直に愛でたいと
思いますね。

おめでとう!

さあ、これで、両リーグとも日本シリーズ
進出チームが決まりました。

阪神との対決、ソフトバンクは、ダイエー
時代にやってますなあ。

2005年。

あの時は、ソフトバンクが王監督の下、
日本一を勝ち取りましたが、今回は
どうか?

9年ぶりの対決。

阪神は29年ぶりの日本一を目指して
います。

私は巨人以外の球団であれば、どこでも
応援しますので、今回の日本シリーズは
どうしようかと悩みます。

日本一から遠ざかっている阪神を応援
したいような気もしますが・・・今日の
一連の行動を見ていると、ソフトバンク
も応援したくなる。

「どちらも勝て」といった、イーブンな
スタンスで見ましょうかね、今回は。

しかし、今日は最後の最後でいいものを
見させてもらいましたよ。

改めて、ソフトバンクの皆様、日本
シリーズ進出おめでとうございます!


*秋山監督の胴上げ、また見られるかな。↓

posted by あらやまはじめ at 22:08| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡ソフトバンクホークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村