2014年10月14日

【速報】稲葉のタイムリーに、中田の決勝ホームラン・・・役者が働いた日本ハム、最終ステージ進出、おめでとう!

力が入りました。

力が抜けました。

延長10回、中田の決勝ホームランで
1点を勝ち越した日本ハムが、その裏を
抑えて、明日からのソフトバンクとの
最終ステージに進出しました。

まずは、おめでとう!

今日の試合、私もFOXで8割方見ていま
したが、オリックスが初回、駿太の
先頭打者ホームランで1点を先制するも、
その後は沈黙。

オリックスの試合、シーズン中は楽天
との対戦で見ることが多かったのです
が、やっぱり、今季の楽天戦ではアテ
になりませんでしたね、こうしてみると。

CS全体を通してじっくり見ると、日本ハム
の方が小技というか、細かいプレイが
できていましたよ。

点を取れるところで、確実に点を取りに
いく、というところでは、日本ハムの方
が上回っていました。

今日も、勝負どころで稲葉を代打で
出してね、オリックスは乗っている
稲葉とわざわざ勝負する必要はなかった
ですよ。

しかし、そのまま勝負して打たれる。

延長では同点で平野佳を出しましたが、
シーズン後半から結構一発を浴びて
いました。

結果論かもしれませんが、先日好投
した比嘉でもよかったのではと思い
ました。

一発を一番警戒しなければならない
4番の中田に真っ向勝負を挑んでは、
バックスクリーンに完璧なホームラン
を打たれる。

負けるべくして負けた。

そう形容するしかない。

シーズン後半から、私の娘も「オリックス
女子」となったこともあってか、私も
いつしかオリックスに肩入れするように
なっていましたが、冷静になって試合を
見れば、日本ハムの方が一枚も二枚も
上でした。

引退する稲葉、4番の中田という「役者」
が打った日本ハムと、そうでなかった
オリックス。

その違いが、これだけあからさまに出る
とはね。

ですが、これが現実です。

とはいえ、オリックスは、ここまで我々
を楽しませてくれて、私は感謝しています。

来季は優勝を狙える布陣が整ったとも
言えます。

日本ハムは、明日からソフトバンク戦
ですが、秋山監督の退陣が決まって、
ソフトバンクの選手たちは少なからず
動揺していることでしょう。

そこに付け込めば、勝機も出てくる。

ソフトバンクは、オリックス同様、
「いけいけどんどん」の野球という
印象があります。

日本ハムは、今回のファーストステージ
で見せた自慢の継投を見せるような展開
になれば、「番狂わせ」は十分にあり得
ます。

なにより、「稲葉の引退を一日でも先
延ばしにする」ということで、チーム
に一体感が出ています。

こういう要素はデカイですよ。

案外、日本ハムがすんなりと4連勝なんて
こともあるのではないかなんて思ったり
しますが・・・どうですかね。

明日から、セリーグもCSの最終ステージ
が始まりますが、私は基本、パリーグの
CSを【速報】でお伝えしていきたいと
思います。

今更、巨人でもないでしょう。

楽しみですね、明日からの福岡の試合。


*この男が、パリーグCSのカギを握ります。↓


posted by あらやまはじめ at 23:00| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道日本ハムファイターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村