2014年10月12日

【速報】T-岡田の一振りでオリックス逆転勝利!…安達のエラーも、馬原の不振も帳消しにしたこの一発は、人生を変える一打になったかもしれませんよ

なんという試合だろうね。

感動を覚えましたよ。

こういう試合を見せつけられると、
CSという制度は「やっぱりあった
方がいいのかな」と思ってしまう。

考えられない試合。

序盤から中盤にかけて、私は娘と
外出しており、文化放送でところ
どころ聞いていましたが、オリックス
は、結果から言えば勝ちましたが、
負けてもおかしくない試合でした。

特に、同点で迎えた8回表の日本ハム
の攻撃。

この辺りから、私もFOXのテレビ中継
を見始めました。

オリックスのピッチャーは馬原に
代わりました。

この馬原というピッチャーは、
印象論になってしまいますが、
ホークス時代からポストシーズン
に弱いというイメージがあります。

その馬原、なんでもないゴロを
ショートの安達が一塁に暴投した
あたりから、おかしくなります。

ランナー二塁、一塁となり日本ハムは
ピンチヒッターに稲葉を持ってきま
した。

稲葉は、こういうチャンスに強い
バッターです。

案の定、馬原のアウトコースの
ゆるいボールをうまくセンター前
に運びました。

この時点で私は今日の試合、日本ハム
が勝ったと思った。

オリックスは「息の根を止められた」
とさえ思いましたよ。

だって、引退する、あの稲葉が打った
わけですから。

流れから言えば、そうでしょう、普通は。

しかし、普通ではないんですなあ、CSは。

その裏、T-岡田が打った瞬間に分かる
大ホームランを放った。

しかも、3ラン。

今日から、オリックスはペーニャが
抹消され、4番には昨日に引き続き、
T-岡田が入ったわけですが、最後の
最後に「4番の仕事」をしましたね。

見事でしたよ。

流れを一瞬にして変えた。

ホームランバッターのすごさ、野球の
面白さが凝縮された場面でしたよ。

やっぱり、すごいね、ホームランの
魅力というのは。

この一振りで、安達のエラーも、
馬原の不振も帳消しにしましたよ。

これ、T-岡田にとっては、一世一代
のホームランと言ってもいい。

もし、明日の試合もオリックスが
勝って、仮に日本シリーズに出る
なんてことがあるとすれば、これは
「人生を変える一打」になったかも
しれませんよ。

ホームラン王を取った年にだって、
これほど印象的なホームランは
なかったでしょう。

まさに、一世一代。

見事でした。

さあ、いよいよ、明日は勝った方が
セカンドステージです。

今日以上に盛り上がることは必至
でしょう。

セ・リーグのファーストステージは
阪神がモノにしたと先程聞きました。

明日は、パ・リーグですよ。

楽しみです。
posted by あらやまはじめ at 18:32| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | オリックスバファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村