2014年09月12日

スポニチはよく「吉田」のデカ字を一面に持ってきましたよ…調書? 証言? いえいえ、沙保里ですよ!

昨日から、一般紙では「吉田問題」が
世間を賑わせています。

私も今日は時間をかけて、朝日新聞に
掲載された「おわび」並びに、「吉田
調書」を読みました。

特に、「吉田調書」は読み応えがあり
ましてね。

詳しいことは、今晩、私のニュース
ブログに書きますので、どうぞお楽しみ
に。

朝日新聞の「おわび」は、「吉田証言」
がきっかけとなったため、一部報道
では「ダブル吉田問題」などと言われて
いますが、では、スポーツ紙はどう
だったか。

スポニチのみ、「吉田」のデカ字を一面
に持ってきました。

私は一瞬、「どちらの吉田だ?」と勘繰り
ましたが、どちらの吉田でもなかった。

もう一人、「吉田」がいました。

吉田沙保里です。

レスリングの世界選手権で、五輪の
金メダルを含め、なんと15連覇を達成!

しかし、「吉田」を一面に持ってきた
のはスポニチのみでした。

東京中日スポーツは「沙保里」をデカ字
にしていましたが、これはちょっと工夫が
ありませんでしたね。

私に言わせれば。

スポーツ紙の一面には遊び心も必要
です。

そういう意味では、今日のスポニチは
ヒットです。

ちなみに、今日のスポーツ紙では、
私は購入しませんでしたが、サンケイ
スポーツの一面も興味深かった。

なんと、「真中」が一面ですよ。

来季のヤクルト監督に、真中二軍監督
が浮上と。

ヤクルトの「系列紙」と言ってもいい
サンスポのスクープです。

真偽のほどは分かりませんが、可能性
は高いのではないでしょうか。

それに比べると、私がいつも評価している
日刊スポーツの一面はだらしなかった。

今更ながらの「原」が一面。

いりません、こんな一面は。

むしろ、昨日その巨人に負けて、優勝が
限りなく無理になった阪神の記事を一面
に持ってきたデイリースポーツも良かった。

「和田監督の続投に待った」と。

その通り!

自浄作用が生きていますよ、デイリーは。

…ということで、今日は久々にスポーツ
紙比較の日となりました。

たまには、こういう日もいいでしょう。

posted by あらやまはじめ at 19:21| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レスリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村