2014年07月06日

ネイマールに傷を追わせたスニガは、W杯からは永久追放すべきです…子供たちを含め、世界中のサッカーファンを悲しませた責任は永久に負ってもらわなければ、だれも納得しませんよ

今朝のスポーツ紙は、昨日の誕生日
に2本のホームランを放った日本ハム
の大谷を唯一一面に持ってきた、
スポニチを購入しました。

大谷については、昨日の当ブログの
「一面」になっていますので、今日は
サッカーのW杯の話題を一つ。

昨日の日本時間早朝に行われた
準々決勝のブラジル×コロンビア戦で、
まさかの悲劇が起こりました。

今大会の主役の一人と言っていい、
ブラジルのネイマールが腰椎横突起
で、今大会の出場が見込めなくなった。

ネイマールがケガを追ったシーン、
私もスポーツニュースで見ましたが、
あれ、コロンビアのスニガは「確信犯」
でしょう。

サッカー素人の私でさえ、見ていて、
「あれは、意図的」と思いました。

流れの中のプレーとはいえ、膝で
ネイマールの腰を突いては、その後、
手で首を押さえている。

私は一瞬、「これは、プロレスか?」
と思った。

結果的にブラジルは勝利しましたが、
次のドイツ戦は、ネイマール抜きでの
戦いを強いられます。

コロンビアは負けたわけですが、
負けたから、スニガをそのままにして
おいていいとは到底思えません。

世界中のサッカーファン(私も含めて)を
虜にしたブラジルのエースを、不可抗力
とはいえ、「確信犯」と言ってもいい
ような「タックル」をしては、世界の
舞台から引きずり下ろしたことは、
犯罪に等しい。

W杯の優勝の行方にも大きく影響する。

私は、このスニガなるサッカー選手は、
少なくともW杯からは永久追放にすべき
だと思いますね。

世界中のサッカーファンを失望させ、
さらには、普段サッカーには大して
興味がないうちの娘も含め、世界中の
子供たちから、楽しみを奪ったことは、
看過できない。

「こういうことをすると、いくらいい
選手でも、W杯には出られなくなる」と
いう教育的効果も考えれば、スニガには
永久追放が望ましい。

というか、永久追放しなければならない。

意図がなければ、こんなプロレスのような
プレーは起こるはずがない。

断罪すべきです。

FIFAの英断を期待しています。
posted by あらやまはじめ at 20:27| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村