2014年06月14日

西村主審をどうこう言うのは筋違いです…審判のジャッジが最終でしょう、そもそも

今日は、唯一、ネイマールを一面に
持ってきた日刊スポーツを購入しました。

他のスポーツ紙が、明日からの日本戦
に備えて、日本人選手を一面に持って
くる中、やっぱりニッカンさんは勇気が
あるねえ。

確かに、昨日の一番のヒーローは、
W杯開幕戦で2得点を挙げ、ブラジルを
勝利に導いたネイマールだったと言って
いい。

そんなニッカンの3面を開けば、その
ブラジル対クロアチア戦で、主審を
務めた西村主審の記事が2面にまで
広がって、なにやら大騒ぎになって
いる。

デカ字は「西村主審のPKは正しかった
のか?」

確かに、クロアチアのロブレンに押さ
れているようにも見えましたが、PKを
取られるようなプレーだったかと言えば、
そこまでのラフプレーでもなかった
ようにも見える。

ブラジルのフレジは、両手を挙げて
アピール。

これもねえ、やられてようが、やられて
なかろうが、そうするのが「世界の」
サッカーです。

私はサッカーのこういう点がどうしても
好きにはなれませんが、考えてみれば、
プロ野球でも、ピッチャーの投げた
アウトコースのボールをキャッチャー
は捕った瞬間、インコースにずらし
たりします。

プロとは、そういうのも含めて、プロ。

で、昨日の西村主審の判定ですが…。

クロアチア国民にとっては、許せな
かったでしょう。

あの判定で、ネイマールがPKを決め、
勝ち越し点が入ったわけですから。

日本戦で、あの判定があれば、日本
国民は総出でクレームをつけたこと
でしょう。

数年前、WBCでアメリカのデービッド
ソン審判に対して、国を挙げてクレーム
をつけたように。

しかし、忘れてはならないのは、野球
でもサッカーでもそうですが、審判の
ジャッジは最終ということです。

もっとも、野球に関して言えば、大リーグ
では今年から「チャレンジ」制度ができて、
ビデオ判定が、かなり広い範囲でできる
ようになりました。

ですが、サッカーの場合は、ビデオ判定
はありません。

西村主審のことをどうこう言うのは
筋違いで、そんなに審判の判定が
信じられないのであれば、大リーグ
のように、ビデオ判定を導入すべき
です。

西村主審の判定がきっかけとなり、
ビデオ判定が導入されることになれば、
それはそれで意義のあることだと
思います。

ただ、現行のルールで、西村主審を
「犯人扱い」するのは筋違いですし、
審判を冒涜していると言ってもいい。

ここは、今大会の審判の動きを徹底的に
観察し、必要であれば、ビデオ判定を
次の大会から導入するという案を出して
もいいんじゃあないですかね、FIFAも。

それまでは、審判のジャッジが最終
ということを、我々はくれぐれも忘れる
べきではないと思います。



posted by あらやまはじめ at 19:20| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村