2014年02月15日

四半世紀前、日本男子フィギュア選手が金メダルを取ると誰が予想したか?…仙台の誇りだ! 羽生結弦選手、おめでとうございます!

先程まで、NHKのBSのソチ五輪の
ハイライトを見ていましたが、
メダルを取った選手も、そうでない
選手も、見ていて、目頭が熱くなって
きました。

トシを取ったなあと思います。

どの競技でも、年齢関係なく、
頑張っている姿を見るのは、本当に
素晴らしい。

五輪のいいところだと思いますね。

さて、今日の未明、私もNHKの
ラジオをつけっぱなしにして、夜中に
目が覚めましたが、フィギュア
スケート男子の羽生結弦が見事、
金メダルを獲得しました。

これはねえ、私も伊藤みどりさんの
全盛期からフィギュアスケートを
見てきていますが、あの頃、男子の
フィギュア選手は、いたのでしょう
が、私の記憶にはありません。

本田武史さんあたりからじゃあない
かな、男子が国際大会でも活躍する
ようになったのは。

前回のバンクーバー五輪では、高橋
大輔が男子としては初の銅メダルを
獲得したのは記憶に新しいですが、
まさか今回、男子が金メダルを獲得
することになるとはねえ。

しかも、羽生だけでなく、町田樹が
5位、高橋大輔が6位と、三人も入賞
した。

この戦力の厚みが、結果的には羽生
の金メダルにつながったとも言える
でしょう。

それにしても、四半世紀前、伊藤みどり
さんの時代に、男子フィギュアの選手
が金メダルを取る時代が来ると誰が
予想したか?

それだけでも感慨深いものがあり
ますが、羽生は私の地元、仙台出身
でもある。

仙台の誇りだ、あなたは!

被災者でもあった羽生結弦。

地元はもちろん、他の被災地の
人々にも勇気を与えたことでしょう。

19歳、でかしたぞ!

金メダル、おめでとうございます!

掛け値なしにうれしい!

posted by あらやまはじめ at 18:51| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村