2014年01月11日

テレビ朝日「大きなお世話TV」の加藤哲郎と駒田徳広の対談に、釘付けになりましたよ

今日は、スポーツ紙は日刊スポーツを、
購入しましたが、週末です、久々に
TV番組から「おっ」と思った場面を
今日は取り上げたいと思います。

今日のテレビ朝日の19時からの番組、
「大きなお世話TV」を見ました。

これは、今朝、新聞の番組表を見た
ときから「必ず見よう」と思って
いました。

なぜなら、1989年の日本シリーズの
第3戦で当時近鉄の加藤哲郎が、言わず
と知れた「巨人はロッテより弱い」
発言をした云々の話がありましてね。

これ、加藤氏の名誉のために、再三
言わせてもらいますが、彼はそんなこと
は一言も言っていません。

「(巨人は)大したことないですよ」
と言っただけ。

それも、巨人が近鉄に3連敗したから。

当然じゃあないですか。

でも、彼の発言がその当時は、過剰に
とらえられた。

巨人びいき全盛の時代でしたから、
仕方がないと言えばそうですが、私は
いまだに許せない。

近鉄が1989年に日本一になれなかった
のは、マスコミの責任もあると思って
いますよ、いまだに。

・・・それはさておき、そのシリーズの
第7戦で、巨人の駒田が加藤からホームラン
を放ち、サードベースを回ったとき、
「バカ、バーカ」と加藤に対して言った
ことはよく知られています。

ですが、今日の放送で、加藤は、その
試合では、大観衆の声援の中、「聞こえ
なかった」と。

もし、聞こえていたら、と思えば、それ
はそれで興味深い。

しかしねえ、その二人の会話を聞いて
いて、「ああ、やっぱり、野球人だなあ」
と思いましたね。

後腐れがない。

これはねえ、マスコミが騒ぎ過ぎだった
ということがよーく分かりました。

そのマスコミに踊らされていた、我々
一般市民も反省しなければなりません。

当の二人は、なんとも思っていなかった。

いや、テレビ向けにそう言ったのかも
しれません。

でも、我々が想像していたのとは違って
いましたね、完全に。

二人とも、さすがに「プロ野球選手」
ですよ。

でしたよ。

最後には握手も交わし、わだかまりは
消えた。

というか、そもそもわだかまりはなかった
のではないか。

本当に、マスコミに流されていますなあ、
我々は。

逆に、反省しなければならないと思い
ましたよ。

でも、この二人の「確執」に関しては、
今後も、なんやかんや言われながら、
続いていきんでしょうなあ。

ないよ、確執は。

でも、我々一般庶民の宿命か。

「それでも、何かある」

と思うのは。

もう、いいじゃあないですか。

当人たちが「何にもない」と言って
いるのですから。

もう、この話題は蒸し返されないこと
を希望しますよ。


*いい打撃コーチですよ、駒田氏は。↓

posted by あらやまはじめ at 21:32| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 近鉄バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村