2013年12月26日

【ルー・リード追悼特集25】New Sensations…これぞ、80年代のルー・リード・サウンド!

一週間ぶりのルー・リード特集です。

取り上げたい曲は山のようにあるわけ
ですが、出先からだと、なかなか順番
どおりというわけにもいきません。

これから70年代のルーの曲を再び
取り上げるかもしれませんが、ひとまず
今日は80年代のルーの曲を取り上げたい
と思います。

New Sensations.

あえて、訳しません。

私はこの曲を3枚組のベスト盤「Between
Thought And Expression」で初めて
知りました。

私はショックを受けましたね。

「ルーも、こういう曲を歌うんだ」

と。

しかし、これは紛れもないルーの
曲でして、最初こそ戸惑いましたが、
私も80年代サウンドに関しては、
体に染み付いています。

あっという間に虜になりましたね。

あれから、20年以上経ちますが、
サウンド的には未だに色褪せて
いないのではないでしょうか。

ただ、後年、ルーはあまりこの曲を
ライブでは歌いませんでした。

他にもいい曲がいっぱいあるから
こそとも言えますが、やっぱり
忸怩たる思いもあったのかも
しれませんね、この曲には。

ルーを知らない世代にもすんなり
受け入れられるであろう唯一の曲。

「何から聞けばいいのか分からない」
という、「ルー初心者」にとっては
響く曲かもしれませんね。
ラベル:ルー・リード
posted by あらやまはじめ at 17:40| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ルー・リード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村