2013年12月02日

【ルー・リード追悼特集18】I Can't Stand It・・・記念すべきソロ一曲目・・・「耐えられない!」のは若者の特権です

さて、先程電車の中で地団駄
踏んだ、「消えた」記事を再現
しましょう。

ルー特集の18回目は、「I Can't
Stand It」です。

「耐えられない!」という意味です。

この曲は、記念すべきルーのソロ
アルバムの冒頭を飾る曲であり、
私がはまった3枚組ベストアルバム、
「Between Thought And Expression」
の冒頭を飾る曲でもあります。

ルーの曲にしては、珍しくキャッチー
なんですよ。

「ああ、もう耐えられない!」

と当時若者のルーは叫び続けます。

この曲は、後年もライブではよく
歌っていましたが、私は初期の
バージョンが好きですなあ。

やっぱり、「耐えられない」と
叫ぶのは若者の特権ですからね。

ジジイが「耐えられない」と
言ってしまっては、なにか、
「お前、大丈夫か?」と思われ
かねない。

あるいは、「家庭に何か問題でも
あるのか」とか、「カネに困って
いるのか」などと、変な邪推をされ
かねない。

やっぱり、若い時に歌う曲なんです
なあ、これは。

まあ、CDの冒頭を飾るのには、最適
な曲です。

一度、皆様も聞いてみて下さい。

深く考えずに楽しめますから。


*ソロデビュー作はこれです。↓



*そして、「Between〜」をアマゾンで
見つけましたが・・・写真がよくないね。
短足だよ。↓


posted by あらやまはじめ at 22:27| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ルー・リード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村