2013年09月08日

桧山進次郎選手、44歳…長いこと、お疲れ様でした

今日は久々にデイリースポーツを購入しました。

2020年開催のオリンピックが東京に決まったことは明日たっぷりやります。

今日は、この男の引退について、語らせて下さい。

阪神の桧山進次郎。

44歳。

今の球界では、数少ない、私よりも年上の選手です。

私はねえ、今でこそ、楽天を応援していますが、楽天球団設立の前は、正直、巨人を嫌う以外には、特に特定の球団は応援していませんでした。

もちろん、80年代後半までは、当ブログでも何度か言及しているようにヤクルトファンでしたが、90年代後半あたりから、私は阪神に興味を抱くようになりました。

あの野村克也監督が苦労した阪神は、星野仙一監督になって、「戦う集団」に変わりました。

2003年には18年ぶりの優勝を飾ることになる阪神ですが、その時に主力で活躍していたのが桧山です。

もっとも、私が印象に残っているのは、その前、阪神の、いわゆる「暗黒時代」ですかね。

その頃は、確か、4番を打っていました。

来る日も来る日も負け続けてねえ…。

近年こそ、「代打の神様」と呼ばれた桧山ですが、例えば、パ・リーグの球団であれば、DHでスタメンを張れたでしょう。

ですが、桧山は阪神での一振りにかけた。

これも、立派な一つの生き方です。

昨年は、金本、城島と立て続けに引退しました。

「今年はオレか」という思いもあったでしょう。

中日の山崎武司も今季限りで引退します。

寂しくなりますなあ…。

でも、桧山の勝負強いバッティングは忘れませんよ。

まだ、残り試合はあります。

彼が唯一成し遂げていない日本一、阪神ナインは最後まで死ぬ気で頑張ってほしいね。

桧山進次郎選手、22年もの長い間、お疲れ様でした!


posted by あらやまはじめ at 18:56| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村