2013年08月22日

イチロー、日米通算4000本安打…アメリカ人にぐうの音を言わせない記録を作ってほしいね、こうなったら

今朝方、ニュース速報で入ってきた、イチローの日米通算4000本安打の記録。

当ブログは開始して丸2年あまりですが、その間だけでも、イチローが記録を積み重ねるごとに、私は無条件で絶賛してきました。

今回の記録も、非常に感慨深い。

日本の安打記録は張本勲さんの3085本。

日米通算とはいえ、張本さんにも1000本近い差を付けているわけです。

もっとも、アメリカでは、地元のニューヨークを除けば、冷ややかな目で見るアメリカ人はきっと多いはず。

私も90年代前半にアメリカに留学していたので、よく分かりますが、アメリカ人は日本のプロ野球を「マイナーリーグレベル」としか見ていません。

「中にはすごい選手もいるが」という、形容詞が入るのかもしれませんがね、これだけ大リーグに渡る日本人が増えた今では。

イチローの場合、アメリカだけでも、2722本の安打を積み重ねています。

これは、現役大リーガーの中でも3位、歴代59位の大記録。

しかし、アメリカ人は素直には認めないでしょう。

私はイチローに夢を託したい。

アメリカだけで、ピート・ローズの記録を超えてほしい。

「そりゃあ、無理だ」と一笑に付す声が多いのは分かっている。

あのイチローも、もはや40歳になる。

ですが、日本で初めての200本安打だって達成したし、大リーグでも無理だと思われた262本安打の大リーグ記録も打ち立てた。

不可能を可能にする男なんですよ、イチローは。

中日の山本昌は48歳になりましたが、現役を続けている。

イチローがあと9年現役を続け、毎年150本くらい安打を放ち続ければ、ピート・ローズを超えることだって可能なわけですよ、アメリカだけでね。

イチローは冗談交じりで「50歳まで現役を続けたい」と言っています。

私は冗談とは思っていません。

イチローなら、やれる。

彼にしかできない。

アメリカだけで、ピート・ローズを超えて、アメリカ人をぎゃふんと言わせてほしい。

夢のまた夢かもしれない。

でも、イチローなら…。

やってくれるはずですよ。

いつまでも応援してます。

イチロー!


【送料無料】英雄の哲学 [ イチロー ]

【送料無料】英雄の哲学 [ イチロー ]
価格:1,365円(税込、送料込)

posted by あらやまはじめ at 19:06| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村