2013年06月10日

指原一位でよかったのかもしれない

AKBの総選挙が終わり、二日経ち
ました。

だんだん落ち着いてきて思うこと
は、「さしこ」こと指原莉乃ちゃん
が一位になったことはよかったの
では、ということです。

今日、私はマー君が一面のスポニチ
を購入しました(マー君については、
「あらスポ」をご覧ください)。

その裏面に「さしこインタビュー」
が載っておりまして、読みました。

「次回選挙、もういいや」という
「さしこ節」が出たようですが、
これ、本音かもしれませんね。

彼女だけですよ、ずっと右肩上がり
で順位を上げてきたのは。

しかも、今回、頂点です。

目標を失ったとしても、おかしく
はありません。

彼女の地元、大分では、市長を
始めとして、大騒ぎであること
をニュースで見ました。

笑ったのは、市長が「15万票は
すごい。私の獲得した票数より
も多い」と自嘲気味に話していた
ことです。

地方自治体と全国で、規模が
違うのは明らかですが、市長の
嘆きはあながち嘘ではないで
しょうなあ。

15万票を獲得することは、国政
選挙でも大変なことです。

いくら、CDに投票権が付いて
いたとしても、簡単に取れる
投票数ではありません。

指原が次に目指すものは何なのか。

もう、ないんじゃあないですか。

むしろ、これを機に、「バラドル」
を極める、といった、指原にしか
できないであろうことに挑戦
してほしい。

来年は出る必要はないでしょう。

麻里子さまではありませんが、
後進に席を譲るべきです。

彼女もこれから一年、いろいろと
考えるでしょう。

じっくり考えて、来年どうなる
のか、今から楽しみですよ。
posted by あらやまはじめ at 20:07| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村