2013年01月30日

園田監督だけ責めていてもしょうがない・・・日本社会全体の問題です

今日の主要4紙はすべて、女子柔道
の園田監督の「暴行」がIOCに提訴
されたことが一面になりました。

「こんなときばかり柔道を一面
にしやがって」とも思いますが、
これは社会的なニュースでもあり
ますから、大きく取り上げられる
のは仕方のないこと。

それよりもねえ、これ、園田監督
ばかり責めていても始まりません
よ。

彼だって好きで殴っていたわけ
ではないでしょう。

それしか、指導方法を知らないん
ですよ。

そうやって、殴られて強くなって
きたのですから、彼だって。

当ブログではあえて取り上げま
せんでしたが、先般、大阪の高校
生が部活の先生に相当な暴力を
ふるわれ、あげく自殺しました。

だからこそ、この問題も表に
出てきたのでしょう。

園田監督個人の問題ではあり
ませんよ。

これは、日本社会の縮図がそう
だから起きている。

会社だって、暴力こそふるわれ
なくても「言葉の暴力」は山の
ように受けている。

氷山の一角。

どのように指導していくべきか、
これは柔道界に限った話では
ありません、他のスポーツ、いや
会社も含めて、日本社会全体で
考えなければなりません。

「鉄拳制裁」の時代はとっくに
終わっていても、それは表向き
の話で、実際は日本中いたる
ところで行われている。

女子柔道選手が自殺しなかった
だけ、救いです。

日々の生活で、我々もできる
ことを考えなければならない、
そう、痛切に思い知らされました。

できることからやりましょうよ。
ラベル:園田監督
posted by あらやまはじめ at 19:37| 神奈川 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 柔道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、おじゃまします。

>日々の生活で、我々もできる
>ことを考えなければならない、
>そう、痛切に思い知らされました。
>できることからやりましょうよ

以上のお言葉に賛同します。
日本人は、寄らしむべし、知らしむべからずのお上に従ってきたので、自らで思考し、行動することが少なく、また、突出することを憚るのではないかと感じています。

そこで、私は、若い母親達のグループを支援して、行政や教育委員会、学校に対し疑問を正し、主張すべき事は明確に法の手続きを持ってしても対峙するように協力しています。

きちんと声を出し、主張することと思います。

これも、社会貢献かなと感じています。
Posted by chisoku at 2013年01月30日 22:11
初めまして、おじゃまします。

>日々の生活で、我々もできる
>ことを考えなければならない、
>そう、痛切に思い知らされました。
>できることからやりましょうよ。

以上のお言葉に賛同します。
日本人は、寄らしむべし、知らしむべからずのお上に従ってきました。 自ら思考し、行動することが不慣れで、突出することを憚ります。

考えて、声をだし、正すべきは正すこと。
私は、若い母親達のグループを支援しています。
学校、教育委員会、行政に対して説明を求め、正すべきは正すことに協力しています。

明快な理論で協議し、理不尽な場合には法手続きにより対応することも辞さないで行う。

これも、社会貢献かなと感じています。


Posted by chisoku at 2013年01月30日 22:29
chisoku様

コメント頂き、ありがとうございます。

chisoku様は、若いお母さんたちの支援をされているのですか?

それだけでも立派な社会貢献ですよ。

できることから少しずつやる。

自分の足元からですね。

がんばりましょう!
Posted by あらやまはじめ at 2013年01月31日 11:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村