2012年10月28日

【日本シリーズ第2戦速報】澤村が2死球の時点で、栗山監督は猛抗議すべきだった

先程、日本シリーズ速報は「あらスポ」
で、という話をしましたが、もう
耐えられませんので、メインブログの
こちらに書きます。

武田勝はよく投げましたよ。

というか、彼は元々立ち上がりは
悪いピッチャーです。

ですから、長野の先頭打者ホームラン
は責められません。

それより、私が納得いかなかっ
たのは、1回表、巨人の澤村が
先頭打者の陽にデッドボール。

それだけならまだしも、4番
の中田にもデッドボールを与え、
中田はその後途中退場。

日本シリーズですよ。

中田へのデッドボールの時点で
栗山監督はベンチを飛び出して
審判に「危険球退場にすべき」
と、しつこく、抗議すべきじゃ
なかったのか?

何にもしない。

これでは、澤村は立ち直ります
よ。

その後はスイスイ。

栗山監督は大学時代の原監督
にあこがれていたようですが、
もうその時点で日本シリーズは
終わりじゃないですか。

仲良し同士が、真剣勝負の
日本シリーズをやっちゃあ、
いけませんよ。

「もし、野村監督だったら」
「もし、落合監督だったら」

と思わざるを得ない。

心理戦も何もない。

巨人の「スイープ」で終わる、
つまらないシリーズになるん
じゃないですか、今年は。

見るべきところが何もない。

終わってますよ、もう。
posted by あらやまはじめ at 21:17| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道日本ハムファイターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村