2012年06月01日

「今季の楽天にはチャンスがある」by ノムさん

39年ぶりの10連敗で私も昨日当
ブログで取り上げたヤクルト、昨夜は
日本ハムの佑ちゃんを早々と攻略
し、半月ぶりの勝利を収めました。

今朝のサンケイスポーツのみ、このヤクルト
を一面にしており、私も購入
しましたが、小川監督は本当に
律儀な方ですね。

ファンにお辞儀をし、「これまで
連敗して申し訳なかった」と
謝罪。

こういう監督には選手だけじゃ
なく、ファンも付いていくよなあ。

ホント、人徳者です。

さて、今日取り上げたいのは、
今朝のサンスポの2面に載っていた
野村克也さん(ノムさん)の名物
コラム、「ノムラの考え」です。

このコラム、不定期で掲載される
ため、私もサンスポを購入したとき
に「たまたま見かける」という
ケースが多いのですが、今日の
「ノムラの考え」、読んでいて
「おっ」と思いました。

ノムさん曰く、

「今季の楽天にはチャンスがある」

と。

ただ、コラムを読み進めていく
と「足りないものは2つ。データ
の活かし方、チーム編成」だと。

チーム編成に関して言えば、楽天は
親会社がなかなかカネを出しません
からねえ・・・他チームの主力選手を
FAやトレードで取るのは不可能に
近い。

ドラフトでいい選手を取る(マー君
のように)か、格安の外国人
選手を取り、その選手が化ける
のを待つしかないというのが
現状でしょう(もっとも、これ
まで化けた外国人選手は一人も
いませんがね、楽天は)。

そして、データの活かし方に
ついて。

これは、やろうと思えばできる。

昨年末、長い間ノムさんの下で
戦略コーチを務めていた橋上さん
が巨人に引き抜かれましたが、
今「飼い殺し」状態になって
います(外から見ればね)。

今シーズン終了後、橋上さんを
なんとしても巨人から取り
返し、「ノムラ野球」を少しでも
復活させることができれば、
楽天も少なくともクライマックスシリーズ
には出られるでしょう(実際
に出たんだから、ノムさんの最終
年には)。

しかし、なぜ楽天球団は「野村
楽天名誉監督」にアドバイスを求め
ないのでしょうか。

ノムさんには関わってほしくない
のかな、三木谷オーナーは。

「名誉」を与えるだけではもっ
たいない。

星野監督が反対してでも、ノム
さんをどんどん現場に呼んで、
少しでも楽天の勝利に貢献
できるよう、親会社にも力を
入れて頂きたいものですね。


【送料無料】野村の流儀 [ 野村克也 ]

【送料無料】野村の流儀 [ 野村克也 ]
価格:1,260円(税込、送料別)

posted by あらやまはじめ at 10:24| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北楽天ゴールデンイーグルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村