2012年02月14日

横綱になれるはずだった「久嶋」が逝った・・・

何遍も言うようですが、私自身
がトシを取ったからなのか、
それとも、ただ単に「有名人の
死」が最近多いのか。

昨日、記事にしたホイットニーに
続き、またもや訃報です。

田子ノ浦親方(元幕内久島海)
が昨日、急死しました。

享年46歳。

若すぎます。

彼の場合、「田子ノ浦親方」
「元・久島海」と言うより、
私の世代にとっては「久嶋」
という呼び方がしっくり
きますので、下記以降、
「久嶋さん」と呼ばせて
いただきます。

親方としては、昨年の九州
場所で部屋初の幕内力士、
碧山を育て上げ、ようやく
これから、というところ
だったのに・・・。

しかし、久嶋さんが最も
輝いたのは、関取になる
前、アマチュア、しかも高校
時代でした。

なにしろ、並み居る大学生
を差し置いて、高校3年で
アマチュア横綱になったのです
から。

その将来は約束されたも
同然でした。

しかし、すぐには角界へ
進まず、日大へ。

これが、結果的には彼の
成長を妨げてしまいました。

いや、もちろん、大学でも
強かったし、新聞によれば、
大学時代のタイトルは28個で
史上最多。

しかし、幕下付け出しで
角界にデビューしてからは、
期待を裏切り続け、結局
三役にも上がれず、最高位
は前頭筆頭。

「元前頭」では、せっかく
筆頭まで行っても、前頭
15枚目と同じですよ、
引退したら。

高校を卒業したらすぐに
デビューすべきだった、と
言うのは後の祭り。

プロとしては、あまり騒がれ
ないまま98年に引退しま
した。

そのあまりある才能を
生かしきれなかった久嶋さん
はその後親方になり、2000
年には田子ノ浦部屋を起し、
ようやくその情熱ある指導
が、碧山の昇進といった形
として表れ始めていただけ
に、残念でなりません。

ただでさえ、相撲界は人材
不足です。

いわゆる「ガチンコ力士」で
あった久嶋さんには期待
していたのですが・・・。

それにしても、久嶋さん、
やっぱりあなたは横綱に
なれる素質を持っていた。

その証拠が、今日の日刊
スポーツでの一面ですよ。

横綱どころか、三役にも
なれなかったわけですが、
それでも一面になったと
いうことは、これ以上の
はなむけはないと思います。

ニッカンさん、ありがとう。

久嶋さんも、我々を期待
させてくれて、ありがとう。

ご冥福をお祈りいたします。

posted by あらやまはじめ at 19:00| 神奈川 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村