2012年01月07日

大リーグ側に違約金が必要なポスティングシステム・・・中島よ、腐るな

今日の日刊スポーツの一面に
「また犠牲者 中島破談」
とデカく載っていました。

ポスティングシステムでヤンキースへの
移籍を目指した、西武の
中島ですが、交渉決裂に
より、西武に残留となり
ました。

でも、これが「犠牲者」
ですかね?

そもそも、中島の場合、
ヤンキースが独占交渉権を得た
とはいえ、あくまで「控え
選手」としての契約を
主張していました。

つまり、下手をすれば、
(巨人みたいに)中島は
ヤンキースに「飼い殺し」に
される憂き目に遭ったの
かもしれないのです。

日刊には「ヤンキースに遊ばれた」
と書かれていましたが、
そもそもポスティングという
システムが「1球団による独占
交渉権」が前提となっている
以上、このようなケースは
これからも続くでしょう。

昨年の岩隈に続いて、2年
連続でポスティングシステムの
失敗が続いたわけですが、
私はこれは日本球界にとって
は「ポスティングシステムの一部
変更」を大リーグに訴える
ためにはよかったと思います
よ。

昨年の岩隈のケースのアスレチックス
にしても、中島のヤンキースにして
も、大リーグ側は懐が全く痛ま
ないわけです。

「中島は、万が一レギュラーがケガ
したときの保障」

とされたのでは、中島にとって
も、いくらヤンキースとはいえ、
納得がいかないでしょう。

やっぱり、「違約金」なるもの
を大リーグ側には請求すべきだと
思いますよ。

少なくとも中島の心はズタズタに
されたわけです。

しかしながら、その保証金は
1銭も払われない。

これはおかしいです。

中島が来年西武で気持ちよく
プレイできるためには、やはり
「違約金」の制度をポスティングの
場合は設けて、お互い「痛み
分け」になるようなシステムに
してもらいたい。

コミッショナー、出番ですよ。

【送料無料】中島裕之(2)

【送料無料】中島裕之(2)
価格:1,200円(税込、送料別)

posted by あらやまはじめ at 19:45| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 埼玉西武ライオンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村