2012年01月02日

2016五輪マラソンで柏原君を見たい

箱根駅伝は今や「正月の風物詩」
となりましたが、私は正直、
これまでほとんどといっていい
ほど興味がなく、毎年正月の
スポーツ紙を眺めては、「正月の
スポーツ紙はつまらんなあ」と
嘆いていました。

他のスポーツを見ても、サッカー、
ラグビーなどなど、さほど興味
のないものばかりで、今年の
正月のブログに「何を書こうか」
と思っていました。

しかし、つい最近、伊豆へ行き、
箱根や小田原にも寄ってきた
ことから、少しばかり「箱根
駅伝を見てみようか」と思う
ようになりました。

車で行ったのですが、行く先々
で「1月2日〜3日は箱根駅伝で
交通規制がある」という注意書き
を目にし、「こんな、坂の多い
場所を大学生たちが走っている
のか」と驚いたからです。

車で行っても、かなり傾斜が
多く、箱根路は大変です。そこ
を学生たちがたすきを回して
走る。

表題にもあげた、東洋大学の
柏原君は、名前は知っていました。

しかし、今回、彼の走りをTVで
見て、いやあ、ちょっと野球
や相撲とは違った、またマラソン
とも違った「畏怖」のような
ものを私は覚えましたね。

彼のことをスポーツ紙では「新・
山の神」と銘打って呼んで
いますが、今回、TV・ラジオで
聞いていて分かりました。

彼は「スゴイ!」ですよ。

その一言です。

聞けば、1年生のときから4年
連続で難関の5区を任され、
そこで4年連続区間賞。そして
昨年までは「5区で逆転する」
というのが見所だったようです
が、今年は1位でたすきをもらい
2位に5分以上の大差を付け、
ぶっちぎりの往路1位。

私は思います。

柏原君を2016年のオリンピックで
見たい、と。

それも、マラソンだったら、なお
いいですねえ。

大学時代からこれだけの実績
と知名度を誇る彼は、「第二
の瀬古」となる可能性を秘めて
います。

「マラソンマニア」でもある私に
とって、柏原君は「かけて
みたい男」です。

マラソンといえば、当ブログでも
取り上げた「公務員ランナー」の
川内選手が記憶に新しいです
が、大学卒業後4年後の柏原
君にぜひ期待したいものです。

ラベル:箱根駅伝
posted by あらやまはじめ at 18:30| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村