2011年11月29日

佑ちゃんの年俸倍増で、3000万に!

久々に「佑ちゃん」ネタです。

年俸の話が出るとは、まさに、
野球界もシーズンオフに入った
わけですが、今年いちばん人気
を集めた男、北海道日本ハムの
斎藤佑樹の年俸が倍増、との
ニュースが日刊スポーツとサンケイ
スポーツで一面になりました。

視聴率TOP30を確認したかった
私は日刊を購入しましたが
(それにしても、「家政婦のミタ」
は強いですね)、その一面デカ字
は「ダル級査定!! 佑倍増」
でした。

日本ハムという球団は、日本の球団
の中では、一番メジャーに近いフロント
組織を確立することに成功しました。

その日本ハムの査定で、佑ちゃんは
倍増の3,000万円を獲得したわけです。

「人気面は考慮に入れなかった」と
球団代表が語っていましたが、それも
本音でしょう。

人気面は数字には表れませんからね。

逆に言えば、人気面も考慮すれば、
他球団であれば、(ドンブリ勘定で)
5,000万円くらいは行ったのでは
ないでしょうか。

しかし、そこは経理がきっちりした
日本ハム。過大評価はしませんでした。

そして、それは佑ちゃんにもよいこと
でしょう。

確かに、数字だけ見れば「6勝6敗」と
冴えませんが、先発19試合で、勝利数
は楽天の塩見に次いで2位。自責点も
1試合の最多が4と、「ルーキー離れ」
しているといえば、しています。

防御率も2.69で、規定投球回数に達して
いれば9位に相当します。

妥当な来期の年俸といっていいのでは
ないでしょうか。

明日、新人王の発表がありますが、
おそらく西武の牧田が有力でしょう。

しかし、牧田がいなければ、佑ちゃん
にも十分チャンスはありました。

牧田は社会人出身です。当初先発
でしたが、中盤から抑えに回り、
獅子奮迅の活躍ぶりでした。

さあ、佑ちゃんは、今オフどう
過ごすのかによって、来期の成績
が決まると言っても過言ではない
でしょう。

日本ハムはフロントもしっかり
しているので、TVに出まくると
いうことはないかと思いますが、
きちんと管理して来期にグラウンド
で結果を残してほしいものです
(菅野も日本ハムに入ればいい
のになあ。いいチームですよ、
日本ハムは)。
posted by あらやまはじめ at 20:30| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道日本ハムファイターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村