2011年11月11日

男の中の男! 清武代表を私は全面的に支持する

さて、明日から日本シリーズ!
と思っていた私の頭に冷や水を
浴びせるようなニュースが夕方
飛び込んできました。

そして、その冷や水は「心地よい」
冷や水でした。

そうです、読売巨人軍の清武代表
の午後の記者会見、これは、今年、
いやここ数年で最も大きな、そして
勇気が伺えた野球ニュースでした。

なにしろ、日本プロ野球界に最も
大きな影響力を持つ、ナベツネこと
渡邉恒雄読売新聞社主筆・オーナー
にかみついた、しかも、「内部告発」
という形で、世間に暴露したわけ
です。

以前から、清武代表は週刊ベースボール
や単行本で、その考えを話しており、
私も(敵ながら?)一目置いていました
が、まさか、今日のような行動に出る
とは思っていませんでした。

ニュースを知らない読者の方に簡単に
説明すれば、「渡邉オーナーに許可を
もらったコーチ人事を、直前になって、
翻された。コーチにも生活がある。
これは人権侵害だ。巨人の球団代表と
して、コーチに対してはおろか、ファン、
そして球団の歴史に対しても納得が
いかない行為だ」とのことです。

私は100%支持しますよ、この清武代表
の言わんとしていることを。

清武代表が、「目立ちたいから」この
ようなことをしたとは思えません。

彼も、一サラリーマンです。

下手をすれば、職を失います。

それでも、彼は、勇気を振り絞って、
告発しました。

清武代表は、ここ数年の巨人の選手層
を変えました。3軍制を取り、育成選手
も多数とり、イースタンの試合を多く
することにより、山口や松本ら、一軍
での新人王を輩出するまでに至りました。

彼は「育成の巨人」を全面に出し、
巨人軍の改革を大胆に進めていました。

いや、今も進めています。

巨人嫌いの私でも、それは「野球ファン」
として、認めざるを得ない、それくらい
の人材ですよ、彼は。

今日の会見で、清武代表は涙を流して
いました。

悔しさ、憤り、怒り・・・様々な感情
が取り巻いていたことでしょう。

「もう、オレはクビになる」とも思って
いたはず。

家族を路頭に迷わせることになるかも
しれない、自分は誰かに狙われるかも
しれない、様々な不安がよぎったはず。

でも、勇気を出して、彼は告発した!

今後の動きにもよりますが、ちょっと
「清武代表を応援する会」ではない
ですが、そのような組織を作ってでも
応援したい、そのような思いが私の
心の中で渦を巻いています。

ナベツネ氏が額面どおりに受け入れは
しないと思いますし、なにしろ、読売
のトップなわけです。どのような反撃
に出るかは分かりませんが、私は清武
代表を全面支持します。

今後の状況を冷静に見ていきたいと
思います。

ちょっと、日本シリーズどころでは
なくなってきたぞ・・・。
posted by あらやまはじめ at 21:15| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読売ジャイアンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村