2011年07月31日

イチローが基準にした伊良部氏の剛速球

今朝は日刊スポーツを購入しました。

昨晩私が熱をこめて書いた「ソフト
バンク×日本ハム」戦は、どこの
スポーツ紙も一面になっておらず、
寂しい思いがしました。

考えてみれば、関東圏ではソフト
バンクの一面は極端に少ないですね
(王監督が退任してからは特に)。

昨日の試合も東京ローカルのMXテレビ
で中継があったのですが、九州の球団
ということもあり、なかなかこちらでは
大きく取り上げられることが少ないです。

ダルビッシュや田中マー君が活躍する
と一面になることも多いので、ぜひとも
ソフトバンクには「規格外」の選手が
出てくれることを願っています。

さて、今朝は日刊とスポニチで、
イチローの「伊良部感」が一面となり、
興味深く読ませていただきました。

表題にも記載しましたが、イチローは
伊良部氏の剛速球を基準とし、メジャー
の剛速球投手に対峙していた(している)
とのコメントを寄せています。

物凄い褒め言葉です。

もちろん、私は伊良部氏の球を打席で
見たことはありませんので、実際に
対戦した選手のコメントに頼らざるを
得ませんが、よく聞いたのは「伊良部
の球は速いだけでなく、重かった」と
いう意見です。

また、140キロ台後半のフォークボールを
彼は武器にしていましたが、これは日本
よりも大リーグの選手達の方が驚きだった
ようで、あのケン・グリフィーJr.の
驚きのコメントも載っていました。

日本人選手が手こずった重い速球、大リー
ガーが手こずった高速フォークボール、
そしてイチローのコメント・・・早逝に
より、彼は「伝説」になってしまいましたね。

今日は伊良部氏の話題をしないように、
と思っていましたが、結局こうなって
しまいました。

やっぱり大投手だった。ありがとう、伊良部!
posted by あらやまはじめ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村