2011年07月30日

ダルに勝ったソフトバンク、エースと4番の差?

まずは、今朝に続き、伊良部氏の情報を。

スポーツ紙3紙で、一面。うち、日刊
スポーツと報知新聞を私は購入しました。

両紙とも、清原の「伊良部感」について
大きく紙面を割いていたのが印象的でした。

悲しみは大きいですが、前を向いて、
通常のコラムに戻ります。

今晩は、パリーグ・ライブTVで「ソフト
バンク×日本ハム」のパリーグ首位攻防戦
を見ました。

ソフトバンクは前回の勝利でプロ100勝目を
挙げた「大エース」杉内。そして、日本
ハムはこれまた前半戦だけで13勝を挙げて
いる、押しも押されぬ「日本のエース」
ダルビッシュ。

「大エース」対決となりましたが、初回
から両チームが1点ずつあげ、波乱の序盤に。

流れが変わったのが、8回裏のソフトバンク
の攻撃。一番の川崎ムネリンがヒットで出て、
三番のベテラン松中がフォアボール。その後
四番の小久保を迎えるわけですが、ここで
ダルビッシュが暴投。

1アウト二、三塁となったところで小久保が
右打ちに徹底し、ダルビッシュのストレート
をライト前に二点タイムリー。

8回裏でしたから、相手が杉内であることを
考えれば、ダルビッシュにとっては、「万事
休す」でした。

私は、この試合、PCで他の作業をしながら、
ダルビッシュの投球を中心に見ていましたが、
この試合の勝利を分けたのは「エースと4番の
差」だったと思います。

ダルビッシュは、もちろん素晴らしい投球を
していましたが、いかんせん、球数が多すぎ
ました。そして、日本ハムの若き4番、中田も
杉内の老練なピッチングの前に出る幕があり
ませんでした。

ソフトバンクの「大エース」杉内、以前の
コラムで私は「大エースはダルビッシュと
岩隈だけ」と語りましたが、いやいや杉内
を忘れてはいけません。

久々に彼のピッチングを見ましたが、今年の
「週刊ベースボール」6月20日号「変化球
特集」でも表紙に抜擢されましたが、彼の
スライダーとチェンジアップが今日は切れ
まくっていました。

また、4番の小久保。今日見ていて、ソフト
バンクはやっぱり「まだまだ小久保と松中の
チーム」との印象を強く受けました。

今日の3点はすべて小久保の打点ですが、
そのお膳立てをしたのが、元三冠王の松中
です。しかも、松中は走塁でも今日は見せ場
を作りました。

松田や本多など、若い戦力も出てきていますが、
やっぱりソフトバンクは小久保と松中が中心
にどっしりと構えていてこそ、「これぞ、
ソフトバンク」という印象があります。

杉内、和田、さらにはホールトン、山田と
先発陣が揃っているソフトバンク、やはり
今年も「強い!」です。
posted by あらやまはじめ at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡ソフトバンクホークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村