2011年07月07日

ソフトバンクが最速40勝!

今朝はまだスポーツ紙を買っていませんが、自宅に届いた読売新聞(ちなみに私は巨人ファンではありませんよ)を見たところ、記事の大きさは小さかったのですが、ソフトバンクが最速で40勝を記録しました。

ソフトバンクは昨オフ、パリーグでは最も「捕手らしい捕手」と言われる細川を西武からFAで獲得し、横浜からは「打ち出の小槌」内川をやはりFAで獲得しました。

このやり方については、週刊ベースボールで豊田泰光さんが「昔の巨人のやり方と同じでえげつない」と批判していましたが、私は「いい補強をした」と思います。

「昔の巨人」は4番ばかり集めていましたが、今のソフトバンクは細川といい内川といい4番ではなく、「適材適所のスペシャリスト」です。

それよりも特筆すべきは、投手陣の充実です。

杉内、和田のWエースはもちろん、育成から上がってきた山田、中継ぎでは森福が一本立ちし、ファルケンボーグは昨年以上の安定感、そして復活した抑えの馬原・・・こんなに先発から抑えまで充実したチームはここ数年なかったのではないでしょうか?

このまま行けば昨年に続くリーグ優勝はほぼ間違いないでしょう。

懸念すべきはクライマックスシリーズですね、ソフトバンクの
場合は・・・。

秋山監督は今からクライマックスをどう闘うかと考えているの
では?
posted by あらやまはじめ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡ソフトバンクホークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村