2020年07月14日

【再び不可解トレード速報】楽天はウィーラーに続き、中継ぎの高梨雄平まで放出し、巨人から高田萌生を獲得・・・もはや、石井GMの思考回路は理解不可能、「池田と高田は将来性がある」って、じゃあ、いつ優勝するつもりなのか?

つい先だって、楽天のウィーラーと
巨人の池田駿の「格差トレード」が
実施されましたが、あれからわずか
3週間、またしても不可解なトレード
劇が両球団の間で発表されました。

楽天の4年目、中継ぎ左腕の高梨雄平と、
同じく巨人の4年目右腕の高田萌生の
トレード。

これも「格差トレード」と言っていい。

同じ4年目でも社会人出身の高梨は
楽天の中継ぎで実績を出しては、
日本代表にまで選ばれています。

(*高梨の日本代表時のカードです。↓)




一方の高田は高卒4年目、一昨年、
二軍で最多勝と最優秀防御率の
タイトルを獲得したとはいえ、
一軍での実績はないに等しい。

(*高田のカードも載せておきます。↓)




楽天の石井GMは「池田にしろ、高田に
しろ将来性がある」から獲得したことを
語っていますが、私に言わせれば「じゃあ、
いつ優勝するつもりなのか?」と問いたい。

今年の優勝をあきらめたのか、石井GMは?

先般、ソフトバンク戦で3連敗したとは
いえ、楽天は現在パリーグ首位ですよ。

現在好調な外国人選手たちだって、いつ
ケガをするか分かりません。

その時になって、「ウィーラーを残して
おけばよかった」と言っても遅いんです。

高梨だって同様。

貴重な中継ぎ左腕をなぜ巨人に無償
トレードに近い形で出してしまうのか?

将来性のある選手をたくさん獲得する
のは別に構いませんが、それで肝心の
優勝が逆に遠のいてしまうと懸念して
いる楽天ファンは私だけでしょうか。

もはや、石井GMの思考回路は理解不可能。

若手の有望株を獲得するなら獲得するで、
例えば「3年後には優勝を間違いなく
できる」くらいのビジョンを示せよ。

このままでは、巨人にいい選手を獲られ
放題の「お人よし球団」と思われても
仕方がありません。

今年の楽天の優勝、現在首位とはいえ、
雲行きが怪しくなってきました。




*「ゆるキャラ」を通り越して、頭が
どうかしちゃったんじゃないのか、
石井GMは。↓







posted by あらやまはじめ at 20:07| 神奈川 ☔| Comment(0) | 東北楽天ゴールデンイーグルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村