2020年06月25日

【電撃トレード!】楽天のウィーラーが巨人の池田駿とトレードとは、あまりにも釣り合わない・・・功労者をまたしてもあっさり放出した楽天球団のドライさには東北の人間には付いていけない、石井GMは受け入れられないよ、これじゃ

不可解なトレードが今日、突然発表
されました。

楽天のウィーラーと巨人の池田駿の
交換トレード。

「えっ?」と思った。

ウィーラーと言えば、ここ数年、
楽天の4番を張ってきた男ですよ。

今年、楽天はオリックスをクビに
なったロメロを獲得し、そのロメロが
好調なことから、ウィーラーは開幕
二軍を余儀なくされました。

実力の世界ですから、こればかりは
仕方がありませんが、そもそもロメロは
オリックスで一年間を通して活躍した
実績はありません。

だから、オリックスをクビになった。

一方のウィーラーは、ロメロ以上に
日本球界で実績を残してきた選手です。

楽天の功労者とも言えます。

ところが、楽天球団はこういう選手を
あっさりと放出してしまう。

しかも、トレードの相手は巨人の一軍と
二軍を行ったり来たりしているような
若手の池田駿ですよ。

このトレードはあまりにも釣り合わない。

楽天は「損して得とれ」などと思って
いるのかもしれませんが、なぜこう
いったトレードを開幕直後のこの時期に
敢行してしまうのか、私には分からない。

石井GMは「ウィーラーの働きどころを
見つけてあげたかった」と言っている
ようですが、後付けの言い訳に過ぎない。

単に「楽天球団にとって扱いにくかった」
んじゃないですか。

代わりに獲得した池田は、楽天には確かに
手薄な左腕ですから、中継ぎ強化には有効な
補強ですが、ウィーラーを放出してまで
獲るべき選手とは思えない。

まあねえ、当ブログでもウィーラーの
ことは事あるごとに取り上げてきました。

個人的にも好きな選手でした。

楽天の石井GMは「楽天が勝つためなら、
何でもする」ことは、これまでの言動でも
分かっていることですが、外国人選手とは
いえ、ウィーラーは「楽天に根付いている
選手」でした。

なぜ、こうも簡単に放出する?

このドライさには東北の人間は付いて
いけません。

私も神奈川県での生活の方が長くなり
ましたが、根は東北の人間であることに
変わりはない。

受け入れられないでしょう、石井GMの
ような人間は。

少なくとも、私が青春時代を過ごした
仙台では。

「勝つためなら、何をやってもいい」
風土は東北にはありません。

そもそも、石井GMを起用した楽天球団が
間違っていると思いますが・・・。

思えば、楽天の三木谷オーナーも東北の
人間ではありません。

そもそも無理があったかなあ・・・。



*ウィーラーグッズ、タオルは私も持って
いますが、高くなりましたなあ・・・。↓









posted by あらやまはじめ at 22:01| 神奈川 ☁| Comment(0) | 東北楽天ゴールデンイーグルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村