2019年11月01日

【衝撃!】女子プロ野球、「美しすぎる」加藤優を含め、半数の36人が退団は「クーデター」!・・・新たな企業がバックに付いて「新女子プロ野球」でも作るのだろうか、気になるところですが・・・

帰宅してネットニュースをチラチラと
見ていたら、衝撃のニュースが流れて
いましたので、取り上げたいと思います。

「女子プロ野球、半数の36人が退団」
ですよ!

その中には、女子プロ野球の中では、
おそらく最も知られている「美しすぎる
女子プロ野球選手」の加藤優も入って
います。

(*2017年の「女子プロ野球Walker」の
表紙も飾っています・・・ちなみに私もこれ、
持っていますよ。↓)




私は過去に神宮球場で女子プロ野球を
3回観戦しています。

(*一番最近では、2016年です。その時の
記事リンクを載せておきます。「写真満載」
です! ↓)

・【写真満載!】7月17日の神宮球場での女子プロ野球、川端友紀ちゃんを中心に、モノマネの原「寅徳」監督と桑田ます似さんも!・・・存分に楽しませて頂きましたよ!

http://arayamahajime.seesaa.net/category/20033725-1.html


3年前に見た時には、「以前よりレベルも
上がってきて、ファンサービスも格段に
向上した」と思ったものでした。

ですが・・・。

確かに、あれから3年経っても、決して
メジャーな存在にはなり切れず、私も
その動向は追いつつも、スポーツは他に
いくらでもあります、どうしても女子
プロ野球は「後回し」にならざるを
得ませんでした。

「そこそこ女子プロ野球を見ている」
自覚がある私でさえ、こうです。

世間一般からすれば、「女子プロ野球?
何、それ?」というのが、正直なところ
ではないでしょうか。

経営が厳しいことも十分すぎるほど
分かっていました。

だからこそ、こちらとしても、神宮球場に
年一回来る時には、前もって調べたりも
して、なるべく観戦したいと思っていま
したが・・・。

無念だね。

無念です。

無念すぎる。

先程、加藤優の「退団理由」を読みました
が、「夢を与える女子プロ野球を目指す」
とありました。

ということは、彼女を含め退団する36人は
「今の女子プロ野球では、夢を与えられない」
と思っていることが、図らずも明らかに
なりました。

では、どうするのか?

邪推すれば、新たな企業がバックに付いて、
「新女子プロ野球」のような組織を作るの
ではないかと思っています。

でなければ、一気に半数の36人も辞めませんよ。

普通に考えればね。

現状では「わかさ生活」一社が3球団を持って
います。

これ、プロ野球では考えられない話です。

内部事情は分かりませんが、女子プロ野球
選手たちに不満がたまっていたであろう
ことは間違いない。

今回の36人の「クーデター」によって、女子
プロ野球は存亡の危機とも言われていますが、
私は決してそうは思っていません。

必ずや、「新女子プロ野球」のようなものが
できて、新たな展開を見せるはず。

今後もこの問題、注視していきますよ、私は。




*今年でちょうど10年。こんなことになるとは・・・。↓






posted by あらやまはじめ at 20:56| 神奈川 | Comment(0) | 女子プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【侍ジャパン強化試合】カナダに敗れた上に、秋山翔吾が骨折?・・・ケガをしても何の保障もない、これじゃ、いい選手ほど辞退しますよ、プレミア12は

出先ですので、手短かに参ります。

昨晩、沖縄で行われたカナダとの
強化試合で、侍ジャパンはいい
ところなく敗れました。

私も途中、少し見ていましたが、
既にカナダが6点を入れ、日本は
諦めモードに入っているように
見えました。

これじゃ、熱い戦いをしたラグビー
の日本代表に人気を奪われるのも
当然でして、おそらくは視聴率も
二桁行くことはないでしょう。

さらに、その強化試合で西武の
秋山翔吾が骨折したかもしれない
と・・・。

プレミア12なる大会は「WBCの
前哨戦」のようなイメージが
ありますが、大会直前になって、
ソフトバンクの千賀や楽天の
松井裕樹といった有力選手が
次々と辞退しました。

だいたい、WBCもそうですが、
大会でケガをしても、選手には
何の保障もありません。

「高額年俸をもらっている選手
ばかりなのだから、自費で治せ」
ということなのかもしれませんが、
下手をしたら、選手生命に差し
障るくらいのケガだってしかね
ない。

そんな「名誉だけ」の大会に出る
のは、よほど名誉にこだわる選手
か、全国に名前を売りたい若手
くらいなものでしょう。

いい選手ほど辞退するのは当然の
話です。

NPBも潤っている組織とは決して
思えませんし、それこそ、12球団が
足並みを揃えて、毎年いくらかお金を
出しあって、国際大会向けの基金の
ようなものを作るべき時じゃない
ですか。

欠陥だらけの大会に誰が出たいか。



*もちろん、秋山翔吾も掲載されて
います。私も購入しました! ↓



posted by あらやまはじめ at 12:46| 神奈川 ☀| Comment(0) | 埼玉西武ライオンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村