2019年10月22日

【2019年日本シリーズ・第3戦速報!】巨人のミスに乗じて、代打の長谷川勇が初球を犠牲フライで勝ち越したソフトバンク、随所に「大人の野球」を見せつけましたね・・・巨人の高卒ルーキー、戸郷は見ていて気の毒だった、もっと早く交代させてあげなきゃ・・・

ラグビーワールドカップの日本代表が
一昨日ベスト4を逃し、ようやく、世間
の目もプロ野球の日本シリーズに向いて
くるのかと思ったら、今日の地上波中継
のゲストは、ラグビー日本代表の稲垣
啓太さんでした。

(*コチラですね。↓)




でもねえ、この「笑わない男」、稲垣
さん、私も実は今回の大会でファンに
なりました。

いや、ああいう、昔かたぎの「武骨な男」
はもはや、令和の現代では希少価値が
あります。

その稲垣さんは、中学の頃まで野球を
やっていたとのこと。

だから、今日の日本シリーズ中継で
ゲストに呼ばれたのでしょう。

今日の日本シリーズを振り返れば・・・。

初回、巨人の先頭打者の亀井が、
ソフトバンクの先発、バンデンハーク
からソロホームランを放ちました。

ですがねえ、その裏、巨人の先発の
高橋がソフトバンクのグラシアルに
ソロホームランを打たれ、同点。

その後、3回は両チームとも1点を
挙げ、2対2となりました。

問題は4回表です。

巨人はピッチャーを高卒ルーキーの
戸郷に交代しましたが、これは酷
でした。

いや、戸郷のピッチング、私も初めて
見ましたが、いいストレートを
投げていましたし、スライダーは
フォークのようないいキレがあり、
「いいピッチャーだ」と思いました。

ですが、日本シリーズの同点の場面
です。

案の定、ソフトバンクの打線につかまり、
自身のフィルダースチョイスもあり、
結果、代打のベテラン、長谷川勇に
初球の甘い外角ストレートをレフトに
犠牲フライを打たれ、逆転。

柳田にはビビったのでしょう、ストライク
が全く入らず、押し出し。

トドメは、4番のデスパイネに3-2から
苦し紛れに投げたアウトコースの
ストライクゾーンのストレートを
レフトに打たれ、ソフトバンク、
6対2。

この時点で、試合の行方は決まりました。

正直言えば、デスパイネを迎えた時点で、
巨人は戸郷を交代させるべきでした。

私も見ていて、気の毒だった。

あれじゃ、来年まで引きずりかねません。

なんでしょうねえ。

ソフトバンクは「大人の野球」をしたと
いうしかありませんね。

一方の巨人は、残念ながら「草野球」と
までは行かずとも、「少年野球」に近い、
無様な姿を全国中継でさらしてしまった。

明日、巨人は菅野を先発で起用しますが、
はっきり言って、ポストシーズンは今季、
一試合も投げていません。

うまくはまれば、完封するかもしれません
が、下手したら、初回ノックアウトも
有り得るというのが、今の菅野です。

まあ、ソフトバンクの4タテは固いと
思いますよ。

仮に、明日負けたとしても、明後日の
第5戦にはソフトバンクの日本一は
決まるでしょう。

それくらい、両者の差はありすぎる。

野球の質が違うというかね。

明日の試合も、なるべく早めに速報で
お届けしたいと思います。




*「ホークス80年史」、読んでおきたい。↓





posted by あらやまはじめ at 23:40| 神奈川 ☁| Comment(0) | 福岡ソフトバンクホークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村