2019年08月13日

【速報】DeNAの桑原将志、三振後、キャッチャーのヤクルト・中村がパスボールしていたにも関わらず、球の行方を見ずに踵を返してベンチに帰ってしまった・・・こんなんじゃ、DeNAは永久に優勝などできない、罰金ものだ!

お盆休み中で、私もいつも以上に
プロ野球中継を見る機会に恵まれ、
いい骨休みになっています。

しかし、その試合内容を見れば、
「えっ?」と思うような試合も
多く、逆に「見ない方が良かった
かもしれない」と思うことも
しばしばあります。

今日の「ヤクルト×DeNA」戦は
まさにその典型でした。

この試合、シーソーゲームとなり
ましてね。

ヤクルトが1点先制するも、DeNAが
5対1とリード。

ところが、4回裏にヤクルトは一挙
6点を取り、再逆転します。

それでも、DeNAは追加点を加え、
7対7まで行ったのですが・・・。

6回、いや、7回だったでしょうか。

ランナー1塁の場面で、DeNAの桑原は
三振しました。

三振するのはまだしも、ヤクルトの
キャッチャーの中村はパスボール
していました。

中村は慌てて、ボールを2塁に投げ
ましたが、暴投となり、ランナーは
サードに。

ここで、私が糾弾したいのは三振した
桑原の動きです。

あれ、桑原は三振した後、ボールの
行方を見ていれば、1塁に振り逃げ
できたはずです。

ところが、桑原、球の行方を全く見ず、
踵を返してさっさとベンチに帰って
しまった。

この桑原の動きを見て、今季、なぜ
桑原がなかなかスタメンで起用され
ないのかがよく分かりました。

勝つ気がないんでしょうな、桑原は。

自分の打撃だけで精一杯なんですよ。

チームのことを考えていないから、
我が身が三振して、「あーあ」と
いう気持ちで、ベンチに帰ってどう
言い訳をするかしか考えていない。

これじゃあ、DeNAは永久に優勝など
できませんよ。

桑原は罰金ものですし、私が監督なら
即刻クビ、もしくは他球団にトレード
します。

こういう選手は、優勝を目指すチーム
にいはいらない。

むしろ、迷惑だ。

確かに、桑原は数年前まではレギュラー
で、いい場面で打っていた記憶もあり
ますが、今日のあのプレーを見たら、
「こんな選手はいらない」と痛烈に
思いました。

自己犠牲の気持ちがゼロなんでしょう。

戦えない選手は、レギュラーはおろか、
そのチームにいるだけで、士気を下げ
ます。

桑原など、もういらない。

若手はどんどん出てきているんです。

あの場面で桑原が1塁に出ていれば、
1、3塁となってチャンスは広がって
いた。

点が入ったかどうかは状況次第です
から、何とも言えませんが、桑原は
逆転のチャンスを自ら放棄したと
言っていい。

こういう一つ一つの小さな積み重ねが
一年を通すと、大きな差となります。

3年連続優勝中の広島は、今日、首位
巨人にサヨナラ勝ちですよ。

DeNAはいつ「置いてけぼり」にされ
てもおかしくはない。

今更、桑原に再生を期待しても無理。

桑原のようなロートルは外して、若い
選手を積極的に起用することを、
ラミレス監督には期待したいと思います。



*かつての「満塁男」、桑原。期待して
いるからこそ、苦言を呈しているんです。↓









posted by あらやまはじめ at 22:32| 神奈川 ☀| Comment(1) | 横浜DeNAベイスターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【令和元年・夏の全国高校野球選手権・第8日目速報!】星稜、4投手の継投で立命館宇治を下す!・・・3番手で登板の奥川恭伸、スライダーが切れすぎて、審判がボール球を思わず「ストライク!」と判定していましたね

注目の星稜が今日の第2試合に登場し、
私も昼過ぎから見始めました。

エース、奥川恭伸がちょうど3番手で
投げていて、ラッキーと言えば、
ラッキーでした。

その時点で5対3と星稜が立命館宇治を
2点リード。

奥川が登板し始めて、星稜が1点を
追加し、3点リード。

8回表の奥川のピッチング、じっくりと
見ましたが、先日投げたばかりで本調子
ではなかったように見えました。

とはいえ、ストレートは最速154キロ。

手元でビュッと伸びる感があり、通常の
高校生ではなかなか打てないでしょう。

また、奥川と言えば、今すぐにでも
プロで通用するであろうスライダーの
キレが見事なピッチャーですが、今日も
そのスライダーは素晴らしかった。

8回2アウトから最後のバッターに投げた
スライダーは真ん中からアウトローに
沈むボール球で、バッターも自信満々で
見逃し1塁に歩こうとしましたが、審判の
判定は「ストライク」。

審判も思わず、「ストライク」と判定
してしまうくらいの見事なスライダーの
切れでして、こういうピッチャーは今大会
では随一と言っていいでしょう。

次戦は、智弁和歌山と明徳の勝者と対戦
ですか?

どちらが出てきても強豪相手となります。

個人的には、強打の智弁和歌山がどう、
奥川に向かっていくのか、楽しみです。

お盆期間中の最大の楽しみである高校野球
をゆっくり見られるのは至福の一時。

いい骨休みだと思って、のんびりしたいと
思います。

高校球児は大変だけどね。



*高校野球と言えば、「野球太郎」! 
電子書籍版もどうぞ! ↓





ラベル:星稜 奥川
posted by あらやまはじめ at 13:29| 神奈川 ☔| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村